ザッケロー二監督の目につく優秀な選手の育て方

こどもを伸ばす【質問】の授業。

優秀な選手ってどんな選手だろう?


生まれつき身体能力が高い。
小さい頃から素質がある。
人によって
もとめる【優秀な選手像】はちがいます。
元サッカー日本代表の(2012年1月15日現在)
ザッケロー二監督は以下の4つの基準で
選手を選考しているそうです。

(1)タレント(技術)
(2)チームの和
(3)フィジカル・コンディション
(4)向上心

質問メンタルトレーニングによって、
技術やフィジカル・コンディションを
向上させることは簡単なことではありません。
技術はコンディションは、
フィジカルコーチなどの専門の方に、
学ぶのがこどもたちのためにも
良いと思います。
しかし、
ベースとなる【向上心】
選手同士の【コミュニケーション】においては
とても大きな効果を発揮します。
監督やコーチが
「あの子は素質があるぞ!」と
太鼓判を押す選手が、
その後伸びきれずにいることも
少なくありません。
素質がある・ないということは
大人が勝手に決めていることです。
ガンバ大阪ユースにあがれなかった
本田圭佑選手や、
明治大学で太鼓を叩いていた
長友選手のように、
素質がないと言われても、めげずに
あくなき向上心で
トップアスリートに上り詰める選手も
たくさんいますよね。
あのカズ選手だって、
選抜チームにすら選出されていません。
こどもたちの向上心を引き出す為に何が出来るだろう?
まずは
この質問に答え、チームでの共通理解を
持つことが大切です。
こどもたちの成長を促進する薬。
それは
「好き」
「もっとうまくなりたい」
です。
どうしたら「好き」を引き出せるか
一緒に考えていきましょう。
>>>こどもたちから「好き」を引き出す為に何が出来ますか?
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
 

▽▼
facebookやtwitterでのつぶやきはこちらから▽▼