マイナス思考を活用して、試合の準備の質を高めよう。

11-10-min

試合中や大会中に
自分らしく輝くために大切なことは、
あらゆるシーンを想定し、イメージしておくことです。

そして、
そのイメージが現実化した時に、
対応できる準備をしておくことです。

例えば、
対戦相手が自分たちよりも実力が劣る場合、
ついつい「なんとかなるでしょ」と、
試合展開やスケジュールのイメージをおろそかにしてしまいがちです。

そして、試合当日。

1点奪われ、
2点奪われ、
時間が短くなり、
焦りが募りはじめます。

「何やってるんだ!」

と声を荒げても、
予想していなかった展開に
柔軟に対応するためにはそれなりの準備が必要です。

そして、試合終了。

終わった後に、
「こんなはずじゃなかったのに」
と、肩を落としてしまうことも少なくありません。

「負けることをイメージするな」
「マイナスなことを考えちゃダメ」
「もっとプラスに考えよう」

試合直前は
良いイメージを思い描き、
準備をすることが重要ですが、

時間とタイミングを見計らって、
あえて「もし〇〇だったとしたら?」という
予測をする時間を作っておくことで、
準備の質を高めることができます。

 
 

準備とは、言い訳を排除すること
イチロー

 
 

ネガティブな考え方や
マイナス思考を活用することで、
より良い準備をすることができます。

もし、負けてしまうとしたら何が原因だろう?

もし、先に失点してしまったら、どう対応しよう?

自分が予想もしていなことは何だろう?

試合後に言い訳をするとしたら、何というだろう?

理想の結果を得るために、今日は何をしよう?

あらゆるシーンを思い描き、
より良い準備をしましょう。

◎ポイント
・「もし、〇〇だとしたら?」という質問を活用して、準備の質を高めよう
・あらゆるシーンを想定しておけば、頭が真っ白にならずにすむ
・試合展開を想定して、準備をしよう

 
 
 
もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
5shitsumon