こどもの失敗をゆるすタイミングはどこ?

こどもを伸ばす【質問】の授業。
過去にしてしまった失敗。
起こしてしまった過ち。
自分に対する、
罪悪感や罪の意識。
もちろん反省し、正すことは大事だけれど、
いつまでも置いておくと、
次のステップが踏めなくなっちゃう。
ゆるしは愛の行動。
そして、次のステージへすすもう。

自分の、そして他人の過ちをゆるそう。
-ルイス・クルーガー
 

昨日はルイス・クルーガーさんのお話を聴ける
機会がありました。
とても暖かい言葉を使う方で、
話し方の間や、考える表情にも
柔らかさを感じ、こんな素敵な人がいるもんかと思いましたよ。
(僕は英語がわからないので、言葉は
通訳の方の翻訳次第で変わってしまいますが笑)
その中でも心に残ったのが、上の言葉。
僕らはついつい過去の罪悪感や
失敗を連れて歩いています
けれど、そのままでは
なかなか次の幸せの扉を開く事ができません。
試合中に失敗を引きずっていては、
次のチャレンジが出来ないように、
どこかでゆるす、
切り替えるタイミングが必要なのです。
もし、どこか紐がつながっていて、
まだ連れて来ている失敗があれば、
ゆるす時間を作ってくださいねっ。

過去の失敗を引きずっていませんか?


お知らせ 

チューリップオレンジプレゼント! こどものやる気を高める。メール講座
NEW電話や対面はちょっと・・・な方のためのメールセッション☆
いまなら無料体験実施中!(10月15日まで)