子どものやる気は「選択肢を奪わないこと」で引き出そう

dsc_2573-min

子どもたち選手が
目標をつくるときに最も大切にしたいことは、
「本人自らが目標をつくること」です。

「自分で決めたこと」でないと、
なかなかやる気は続かないですし、

やらされ感を抱くばかりか、
目標に到達できなかったときに、

「コーチがやれといったから」
と、人のせいにしてしまいます。
 
 
僕ら大人も、
子どもたち選手も、

人は誰かから与えられた目標よりも、
自分自身の内側からこみ上げてくる目標でやる気が高まり、
自ら行動を起こす
ことができます。
 

この内側からこみ上げる思いを高めるためには
「選択肢を奪わないこと」が重要です。
 
 
僕ら大人やコーチから
あれこれ言われて練習や宿題をするのではなく、

自分で計画し、
目標を立て、
行動していく。

そうした選択の自由がある状態だと
やる気が継続しやすくなります。

 
 

自分の運命は自分で管理しなさい。
でなければ、
あなたはだれかに
自分の運命を決められてしまう。
– 稲盛和夫(京セラ、KDDI創業者)

 
 

僕らはついつい先回りをして、

「じゃあ次のテストは80点を目指してみよう!」

「次は1点取ろうね!」

「全国大会に出よう!」

と、
僕ら大人が望む姿を
子どもたちに押し付けてしまいます。

「いやだ!60点がいい!」

「いやだ!アシストがいい!」

「いや、まずは1回戦を突破したい!」

ちょっと大げさですが、
子どもたちが「NO」と言えるような、
選択の自由
があれば問題はありません。
 
 
けれど、
ついつい選択肢を奪い、
「ほんとうはやりたくないけれど」というような、
気持ちを削ぐ感覚を与えてしまっているかもしれません。
 
 

「次の大会で、どこまで行けたら最高?」

「そのためにできることは何がある?」

「どんな準備をしようか?」

質問を意識することで、
自然と目標について考えることができます

子どもたち選手の
「自分で決めている」という感覚を
大切にしましょう。

◎ポイント
・目標は子どもたち自身がつくることがやる気につながる
・そのためには「選択肢を奪わない」ことが重要
・内発的なやる気は「自己決定感」

 
 
 
もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
5shitsumon

  • (お客様の声/代理投稿)
    例えば指導者に当てはめてみたらどうでしょう。
    自分の指導を横からすべて管理する先輩がいたら
    やる気が出ますか?

    選手も指導者も自分が決定するからがんばれるのです。
    自己決定が内発的動機を生み出します。
    内発的な動機があるから、苦しい時もがんばれるのです。