トップ> コラム> おおきな「夢」や「目標」はなくてもいい

おおきな「夢」や「目標」はなくてもいい

「オリンピックで金メダルを取りたい」
「全国大会で優勝したい」
「地域を代表する選手に選ばれたい」
 

遠くにある目標を意識することによって、
子どもたちをそこまで運んでくれます。
 
 
こんな自分になりたい。
こんな夢を実現したい。
こんな目標を達成したい。
 

 
夢や目標、
実現したいことを思い描き、
できるだけ具体的にイメージし、
身体全体で感じることによって
やる気がこみ上げてきます。
 
 

遠くにある目標と同時に大切にしたいことが、
「目の前にある小さな目標」
 
 
目標はあくまでも通過点。
遠くにある大きな目標を、
目の前にまで落とし込んで、

「いまできること」を見つけることが重要です。

 
 

結果を出しているアスリートほど、
「遠くにある大きな目標よりも、
 目の前にある小さな目標を優先している」
というのが僕の体感知です。
ー 為末大

 
 
 
オリンピック選手の統計データによると、
子どものころからオリンピック選手を目指してきた人は、
全体の40%以下
だそうです。
 
 
小さい頃から、
オリンピック選手になりたかったわけではない
ということですね。
 
 
けれど、
オリンピック選手になれた。

それは、
目の前にある小さな目標を
着実に乗り越えてきた
からかもしれません。
 
 

「10年後、どんな選手になりたい?」

「そのために、まずはなにを達成する?」

「理想の未来を実現するために、今日、できることは何だろう?」
 
 
遠くにある目標を意識することで、
「いまできる小さな目標」の輪郭がはっきりとしてきます。
 
 
遠くにある目標を
いま思い浮かべることができなくても、

目の前にある小さな目標と
しっかり向き合っていくことによって、
自然と「遠くにある目標」が輪郭が際立ってきます。
 
 
子どもたち選手と一緒に、
目の前にある小さな目標に
しっかりと向き合っていきましょう。
 
 

◎ポイント

・遠くにある目標と同時に目の前にある小さな目標を大切にする
・遠くにある目標は思い描けなくてもいい
・目の雨にある小さな目標としっかりと向き合う

◎この記事のしつもん

・10年後、どんな選手になりたい?
・そのために、まずはなにを達成する?
・理想の未来を実現するために、今日、できることは何だろう?

 
 
 
もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
5shitsumon

2016.10.03
いいな!と思ったらシェアしてもらえると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 1 follow us in feedly
  • LINEで送る
★ メルマガ好評配信中 ★
名 
メールアドレス
都道府県
メール形式 PC・スマートフォン
携帯電話

  • ニュース
  • コラム
  • お客様の声
  • レポート
  • おすすめ商品
  • 研修・講演

インストラクター養成講座

なりたい自分になる

オンラインストア

作戦会議

MIZUNO ZONE LAB

サカイク掲載記事まとめ

★ facebook ★
★ Twitter ★