頭の中でもサッカーをしよう。


小学生からのメンタルトレーニング
いつもお読み頂き、
本当にありがとうございますっ!!
本日は身体を動かしてトレーニングせずに、
シュート成功率を24%アップする方法!
についてお伝えしますね。
 頭の中でサッカーをしよう。
「明日の試合が終わったときに
 どうなっていたら最高?」
「うーん、3-2で勝ちたい。
 そして、僕も点をとりたいな。」
「じゃあ、
 そのためにどんなことができるかな?」
「えっと・・・」
「いますぐ答えなくてもいいから、
 家でイメージしてきてね。」
「想像は知識よりも大切だ」
あのアルベルト・アインシュタインも
言っていたように、
想像することができないと、
それを行動に移すことは
なかなか難しいかもしれません。
スポーツ心理学の中で、
ビジュアライゼーションという
言葉があります。
わかりにくい横文字ですが
簡単に言うと「想像力」ということ。
想像する(イメージする)ことには
素晴らしい力があるんです。
例えば、
シカゴ大学のジャッド・プラスロット教授が
行った研究をご紹介しますね。
バスケットボールのチームを
3つに分けて、
それぞれ同じフリースローの数で
どれだけ得点できるかを調べました。
第1グループには
毎日1時間ずつ
フリースローの練習を
してもらいました。
第2グループには
フリースローをしている場面を
思い浮かべるだけ、
第3グループには
何もさせませんでした。
そして30日後、
再び3つのグループで
フリースローの点数を調べたんです。
ご想像のとおり、
第3グループの結果はかわらず。
それはそうですよね。
一切練習していないので、
逆に結果が変わらなかっただけでも
すごいかもしれません。
そして、
第1グループは
シュートの確率が24%上昇。
そして、なんと
第2グループは
ボールにいっさい触れていないのに
23%もシュートの確率が上昇したのです。
超過トレーニングでは
身体は疲労を抱えますし、
ケガをしている場合は、
そもそもトレーニングを
することができません。
けれど、
イメージトレーニングであれば、
身体を使わずとも、
場所を選ばず、
頭の中でサッカーをすることが
できるんですよね。
練習の前、
試合の前はもちろん、
子ども達が
イメージすることに集中する
時間をつくることが
すごく重要です。


「飛び込み、グライド、ストローク、
 クイックターン、タッチ、
 百分の一秒単位の記録、折り返し・・・
 そうした場面を納得がいくまで
 何度となく思い描くんだ」
 - マイケル・フェルプス
 


北京オリンピックの男子競泳で
8個の金メダルを獲得した、
マイケル・フェルプス選手は
レースの展開を
夢にまでみるくらい
毎日イメージする時間を
つくっていたそうです。
チームで集まって
練習する時間が少なかったり、
実際に体を動かしての
練習ができなくても、
頭の中であれば
いつでもできますよねっ。
子どもたち選手の
想像力を発揮する
時間を作りましょう。
>>> イメージする時間をつくっていますか?




お知らせ 

 
プレゼントつきメールマガジンのご登録はこちらからどうぞ!!  
  パソコンの方は
こちらからどうぞ。 (携帯の方はこちらから)

クリックで応援お願いしますっ。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ