あの名台詞「ボールは友達」から学ぶ子ども達が実力を発揮する準備の方法

こどもを伸ばす【質問】の授業。

ボールは友達、怖くない。

サッカーをしている人なら
一度はつぶやいたことがあるこのセリフ。
キャプテン翼の大空翼君は
メンタル面においても
とても大切なことを教えてくれます。

ボールだけでなく、グラウンドとも友達になる

本番で実力を発揮するために
大切にしたいこと。
それは、
グラウンドと友達になること。
翼君はボールと友達になるために、
学校へ行く時も、
勉強している時も、
どんな時でもボールと一緒。
大会の試合会場で
いつもトレーニングしている選手


初めてその会場で
試合をする選手
とでは
前者の方がより
実力を発揮できます。
サッカーの試合に関わらず
初めての土地に行く時は不安になるもの。
その不安を取り除き、
普段通りの落ち着いた心を
つくることが
実力を発揮するために大切です。
そのためにも、
前日や試合前の時間を使って、
事前に試合会場を散歩しましょう。
事前に試合会場を
ゆっくりと散歩することで、
試合のイメージも高めることが
できます。
そして、
もし時間とタイミングがあえば
ぜひ、グラウンドに寝転がることをお勧めします 笑
人と距離を縮めるように、
グラウンドとの物理的な距離を縮めることで、
安心感が生まれると僕は思っています。
試合前の準備が
子ども達の実力を最大限に発揮する
手助けとなってくれます。

 
チャンスは必ずやってくる
しかし、チャンスをものにしようと思うならば、充分な準備をしておかねばならない。
準備をしていない人間には、チャンスはすり抜けて行ってしまう。
そこが、本質なのだ。
-エディー・ロビンソン



>>>グラウンドと友達になるために出来る事は何ですか?


にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
▽▼
facebookやtwitterの投稿はこちらからお願いします▽▼