子どもの無意識を意識していますか?

こどもを伸ばす【質問】の授業。

意識して無意識をつくる。

スポーツは一瞬のうちに
決断をしなければいけませんよね。
サッカーやバスケットボールといった
常に動きのあるスポーツは特に。
じっくりと
どこにパスを出そう。
ここにシュートを打とう。
と考えている時間はないわけです。
なので、
普段どんなことを考えてるのか?
どんなことを意識しているか?
がとても大事。
咄嗟の行動や
一瞬の判断って
普段意識していることが
そのままあらわれますもんね。
意識して無意識をつくる。
これはサッカー日本代表のゴールキーパー、
川島永嗣選手の言葉です。
意識して練習して練習して、
無意識にできるような状態までもっていって、
初めて試合で通用する。
これは心の部分や、
僕らの毎日も同じだと思うんです。
意識しなくても「ありがとう」って心を込めて伝えられる自分でいるか?
まわりの環境に左右されずに
意識せずとも「普段の自分」でいられるか?
ありがとうを伝えられる選手は
周りから信頼され、
そして自信を持ってプレーすることができます。
チームメイトや対戦相手、
試合途中のスコアに関わらず
「いつもの自分」で試合に臨む事ができる選手は、
持っている実力を最大限に発揮することができます。
意識して、無意識をつくる。
意識して習慣化した事は、
歯磨きのように
いずれ「やらないと気持ち悪い!!」って
なりますもんね。
子どもの無意識を育みましょう。
>>> 無意識に出来たら最高!!は何ですか?
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
▽▼
facebookやtwitterの投稿はこちらから▽▼