ウォルトディズニーに学ぶ子どものパフォーマンスをあげる方法

こどもを伸ばす【質問】の授業。

イメージトレーニングをする時間をつくろう。

ウォルトディズニーは言いました。
夢は思い描くことができれば、実現する。と。
夢を思い描いたあとは、
そこに向かって歩み続ける。
夢には
バルセロナのトップチームでプレーしたい!
という夢もあれば、
この試合で得点を決めたい。
という、より身近な夢もあります。
そして、
どちらも共通しているのは、
思い描くこと(イメージする)ができれば、
実現できる可能性がある。ということ。
ただなんとなく
試合で点が取れればいいと
思っていては、
夢を実現することは
難しいかもしれません。
しかし、
中央でパスを受けたらここにパスをだして・・・
味方がボールを奪ったら、ここに走り込んで・・・
など、
より詳細にイメージを膨らますことによって、
得点を決める可能性は
グンと高まります。
まずは
試合前に
この試合で
自分が実現したいプレーを

イメージする時間を
をつくりましょう。
5分でもいいし、
1分でも構いません。
試合が終わった後にどうなっていたら最高だろう?
そのために自分が出来ることは何だろう?
まずはやってみると
違う景色が見えて来ます。
最高をイメージする
時間を作ろう。
>>>  こうなったら最高!をイメージする時間を作っていますか?

にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
▽▼facebookやtwitterでのつぶやきはこちらから▽▼
(この投稿は2012.1.30に投稿した記事の再投稿です)