こどものイメージトレーニングは深さが決め手!?

こどもを伸ばす【質問】の授業。

イメージトレーニングをする時間をつくろう!その2


昨日はイメージトレーニングの重要性を
ちょこっとだけお伝えしました。  >>>こちらからみれます。
今日はもうちょっと
より具体的にお伝えできたらと思います。
イメージトレーニングをする時、
こどもたちはどこまで意識していますか?
この【どこまで】
つまり、深さがとても大切です。
活躍している多くのアスリートは
もの凄く深くまでイメージをしています。
プレーしている場所、
その状況。
そこから見えるものや、
聞こえる音。
どんなにおいを嗅ぎ、
どんな感覚を肌で感じているのか。
例えば、
野球選手であれば、野球の素振りを、
回数や時間ではかるのではなく、
「次の試合のあの場面で、
あの球が来たら、
どこへ打ち、こういう結果になる」
とイメージして行うようにすると、
自然と練習の質も高まります。
なんのために練習しているんだろう?
という質問を自分に投げかけ、
練習のための練習にならないよう、
イメージする時間を作りましょう。

>
>>
 【最高】をイメージする時間を作っていますか?
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
▽▼facebookやtwitterの投稿はこちらから▽▼