トップ> コラム> ショットの前に「心の中で思い描く時間」をつくろう

ショットの前に「心の中で思い描く時間」をつくろう

AdobeStock_61429680-min

子どもたち選手の力を引き出すためには、
想像力を働かせることも大切です。

想像力(イメージする力)を借りることで、
実際に体を動かさずとも、
心や頭の中で練習することができます。
 
 

テニスでボールを打ったり、
バスケットボールでシュートを放ったり、
野球でボールを投げる。
 
 

そうした行動の前にしておきたいことは、
一度、心の中で思い描くこと
 

例えば、テニスであれば、

打ったボールが、
コートのどこに落ちてほしくて、
どんな風にはねてほしいのか

そのためには、
どんな弾道のショットを打つべきだろう。

 
 

想像力を働かせることで、
実際にショットをしなくても、
ショットの練習をすることができます。
 
 
 

 
 
 

想像力は、知識よりも重要だ。
知識には限界がある。
想像力は、世界を包み込む。
ーアインシュタイン

 
 
 
 
 

ゴルフの帝王と呼ばれたジャック・ニクラウスは
事前に想像力を働かせる重要性について
こう語っています。
 

「鮮明な映像を頭の中に描かずに、
ゴルフのショットをすることは決してない。

これは練習の時でも同じだ。

ショットの前に、
まず自分のボールをどこまで運びたいのかを決め、
そのボールの弾道と最終地点を思い描く。

次に、先ほどのイメージを
現実のものとするスイングをしているシーンを思い描く」

 
 
 
「どうなっていたら最高だろう?」

「そのためにできることは何だろう?」
 
 

実際に行動を起こす前より先に、
心の中で思い描く。
 

そうすることによって、
得たい結果に近づきます。

練習するときも、
試合のときも、
想像する時間を作りましょう。

 



もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
5shitsumon

2016.08.05
いいな!と思ったらシェアしてもらえると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 1 follow us in feedly
  • LINEで送る
★ メルマガ好評配信中 ★
名 
メールアドレス
都道府県
メール形式 PC・スマートフォン
携帯電話

  • ニュース
  • コラム
  • お客様の声
  • レポート
  • おすすめ商品
  • 研修・講演

インストラクター養成講座

なりたい自分になる

オンラインストア

作戦会議

MIZUNO ZONE LAB

サカイク掲載記事まとめ

★ facebook ★
★ Twitter ★