後悔をエネルギーに変えよう。

いつもお読み頂き、
本当にありがとうございますっ!!
本日は、子どもたち選手の
過去の後悔をエネルギーに変える方法
についてお伝えしますね。
■ 後悔をエネルギーに変えよう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「あの時、もっとやっていれば・・」
「しっかり続けていれば・・」
そうした後悔の気持ちは
僕らの自信を下げてしまうと
考えてしまいがち。
けれど、
ちょっと立ち止まって
見つめてみると、
そうした後悔が
僕らのエネルギーになっているかも
しれません。
「もっとこうすればよかった」
「もう一度、その時に戻れたら
 こうするのに」
過去を振り返ると
後悔が出てきます。
その後悔を
未来へのエネルギーに
変えることが、
前向きに行動を起こすポイントです。
「あのとき、もっとこうしていれば・・」
を、「次は、こうしてみよう。」のように、
過去の後悔を
未来へのエネルギーに
変えてみる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

後悔を繰り返したり、
心に渦巻く葛藤に悶々としているとき、
その人の視線は過去を向いています。
もうすんでしまった、
いまさらどうすることもできない過去に、
エネルギーを吸い取られているのです。
そのエネルギーを未来に向けること。
それが、前向きに生きるということです。
前向きに生きる姿勢を持続するかぎり、
その人の人生は間違いなく
良いものになります。
ー大原敬子
                             ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本気になる。
本気でやる。
言葉で言うのは簡単。
でも、
心に本当に気持ちを込めるには
やっぱりそれなりの
体験や経験が必要。
それは
悔しい感情かもしれないし、
挫折の経験や
過去の後悔かもしれません。
後悔することに
ネガティブなイメージを持つのではなく、
後悔を未来への
エネルギーに変えましょう。
>>> 今までにどんな後悔がありますか?