「どんな問いかけをするか?」で、世界が変わる

DSC_4293

暗闇の中を歩くのは心細いもの。
小さな枝に頭をぶつけることもあれば、
足元の石につまづくこともあります。

まさに、
手探りで進まないといけません。

けれど、
懐中電灯が一つあるだけで、
状況は一変。

暗闇の中に光を照らすことで、
心も足取りも軽くなります。

しつもんには、
この「懐中電灯」の役割があります。

例えば、
試合に負けてしまった後も、
「どこに光を当てたいか」によって、
しつもんを変えることが重要
です。

「敗因は何だと思う?」

と問いかければ、
ネガティブなところに光を当て、
失敗から学ぶことができます。

「どんな成長があった?」

と問いかければ、
ポジティブな面に光を当て、
成長を実感することができます。

「どうすれば勝てたと思う?」

と問いかければ、
試合を振り返り、
次回への行動を生み出すことができます。

科学者とは、
正しい答えを与える人ではない。
正しい質問をする人である。
ー クロード・レヴィ=ストロース

スティーブジョブズは、
日々自分に、

「もし今日が人生最後の日だとしたら、
 今やろうとしていることは本当に自分のやりたいことだろうか?」

と問いかけたといいます。 
 
 

スティーブン・R・コーヴィーは、
著書「7つの習慣」の中で、

「あなたの葬式で集まってくれた人に、何と言って欲しい?
 あなたの人生について、どう述べて欲しい?」

と読者に問いかけました。
 
 
 
 

「なんでシュート外したんだ?!」

と問いかければ、
選手から言い訳が返ってきます。
 
 
 
「どうすれば決めれたと思う?」

と問いかければ、
選手からアイデアや改善策が返ってきます。
 
 
 

どんな問いかけをするか、
を意識しましょう。



もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」