問題は自尊心よ。 あなたは自分を好きになる必要があるの。

こどもを伸ばす【質問】の授業。

こどもが伸びるかどうかは自尊心にあり。

自己肯定感。または自尊心。
つまり自分を認めてあげる力を引き出してあげれるかで、
その後、伸びるかどうかが変わってきます。
今日は千葉県の高校にお邪魔して、
進路指導主事の方とお話する機会がありました。
とっても素敵な方ですぐにファンになってしまいました(笑)
こどもと向き合っていく中で、
【伸びる子】
【なかなか伸びない子】が出てきます。
僕は本人の内側からこみ上げる
やる気を引き出してあげられるかどうかで
決まってくると思っています。
こどもたちの
好き!
やりたい!
もっとうまくなりたい!
という気持ちを引き出すことができれば、
その後はドンドン加速します。
もちろん伸びないのが問題ではありません。
人それぞれタイミングがありますからね。
でも、これは僕の考えなので、
いつも高校生たちと触れ合ってらっしゃる
高校の先生ならではの考え方を知りたくて、
質問してきました!


うちの高校には中学校時代に
授業中に手を上げられなかったり、
リーダーシップを発揮できないこどもたちが
入学してきます。
簡単にいうとちょっと内向的なこどもたちです。
彼らは半ば自分を諦めている節があるんです。
けれど、
テスト方法や授業の進め方を工夫する。
たとえば、小さいことでも表彰したりして、
生徒達の自己肯定感を満たしてあげるんです。
そうして、小さな成功体験を積み上げて行くと、
自然とこどもたちが持っている力を発揮してくれます。
もちろんこれだけでは
うまくいかないのが難しいところですけどね(笑)
 

 

 
こどもたち自身が、
自分のことを認められる状況や環境
いかに作ってあげられるかの重要性を
再認識させて頂ける時間でした!
スヌーピーのルーシーも言っています。
問題は自尊心よ。
あなたは自分を好きになる必要があるの。
自分をみとめる。
自分をほめてあげる。
自分を好きでいる。
これは
ものすごいプレッシャーのかかる場面で、
実力を発揮する力にも
多いに関係するので、
こどもたちとのワークショップにも
どんどん取り入れて行きたいと思いましたー。
>>> 自分を好きになるために、出来ることは何だろう?
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
▽▼facebookやtwitterの投稿はこちらから▽▼