「僕ら大人が決める」をやめて「子どもが決める」をはじめる。

スクリーンショット 2016-05-10 20.01.59

子どもたち選手も僕ら大人も、
現在は過去の選択によってつくられています。

いまの活動をしているのも、

いまのチームでプレーしているのも、

いまの働き方をしているのも。

すべて、
自分自身の選択です。

けれど、
心の余裕がなくなり、
不満が溢れてくると、
何かのせいにしたくなるものです。

けれど、
誰かのせいにしていては、
状況が好転することは難しいですし、
何かをするやる気もなくなってしまうかもしれません。

フランスの哲学者サルトルは、

「人間は自由であり、
 常に自分自身の選択によって行動すべきである。
 人は状況によってつくられる」

と言っています。

僕たちは気づかないうちに
日々の中でたくさんの選択をしています。

朝は何時に起きよう?

二度寝してもいいだろうか?

朝ご飯は何を食べよう?

嫌いな満員電車だ。どんな気分でいよう?

30分早く出社、何をしよう?

上司からお叱り。どんな接し方をしよう?

今日は定時退社。この後は、どんな時間にしよう?

どんな食事をとろう?

家族とはどんな会話をしよう?

寝る前にどんな時間を作ろう?

本当は
全部自分で選んでいるし、
選ぶことができます。

環境のせいにせず、
相手のせいにせず。

僕ら大人の姿を見て、
子どもたち選手は育ちます。

 

いろいろ考えられる選択肢の中から、
「この一手」を選ぶのは自分しかいないわけです。
ー羽生善治

 

子どもたち選手が誰かのせいにしたり、
責任転嫁をしないための第一歩は、
彼らが「自分で選択すること」

どんなチームを選ぶのか。

どんな高校生活を選ぶのか。

どんな働き方を選ぶのか。

僕ら大人の願いを叶えるためではなく、
自分が望む未来を、自ら選ぶことが重要です。

どんな生き方をしたいだろう?

どんな働き方をしたいだろう?

どんな毎日を過ごしたいだろう?

僕らが自分自身に問いかけ、
自分で選択をするように、

子どもたち選手に
「自分で選択する」機会をつくりましょう。

 
 
 
もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
5shitsumon

  • (お客様の声/代理投稿)

    日々、情報が溢れて、常に選択を迫られている気がします。毎回、自分の気持ちに、正直に向き合えて 選択できればいいのですが、大人になると、なかなか出来ないのが本音です。常識や、立場といったものの中で選択を迫られ、判断していると、どうしても、自分の世界が狭くなる気がします。子供には、無限の可能性があると思います。いい意味で、常識にとらわれずに、自分の人生を切り開く選択をして欲しいと思います。