こどもと感謝日記をはじめよう!

こどもを伸ばす【質問】の授業。
心理学者のロバート・エモンズとマイケル・マッカローによると、
ちょっとしたことでも、毎日感謝できることを5つ書き出すと、
幸福感が高くなる』と言っています。
これは実験でも明らかになっており、
毎日1~2分、感謝する時間を作っただけで、
思いがけもしない効果が得られます。
ある人は意思が強くなりました。

ある人は幸福感が高くなり、
ポジティブな気分を味わえるようになりました。
ある人は人に対してもっと優しくできるようになって、
手伝いを積極的に申し出るようになりました。
僕もワークショップの中で、
このワークを取り入れるのですが、
やる前と後では、
こどもたちの表情が全然違います
いつもはツン!として
両親の前で素直になれないこどもでも、
じっくりと問いかけ続けることで、
たくさんの感謝の言葉
書き出してくれます。
どんなことでも構いません。
感謝出来ること。
ありがたいな~と感じていることを
1日5つ書き出してみましょう。


ありがとう日記をつけるといいわ。
毎晩、あなたが感謝したことを5つ、リストアップするの。
そうすれば、毎日に対する、そして人生に対する、あなたの見方が変わり始める。
-オプラ・ウィンフリー


 
ひとつポイントがあるとすれば、
書いていることを、目の前に思い浮かべたり、
書きながらもう一度体験しているように感じること。
感謝の気持ちをもつと
プレーのレベルや、
パフォーマンスも変わってきます。
ぜひぜひ、
お子さんや生徒さんと
チャレンジしてみてくださいね♪
感想や写真のレポート待ってます(笑)
今日はどんなことに感謝しますか?