子どもを伸ばす「好奇心の手帖」

IMG_1855

創造する力のある人の特徴の1つが、「知らない」ことを知っていること

自分には知らないことがあることを認め、
自分の中にある常識や固定概念に対し、
「本当にそうだろうか?」と問いかけること
で創造力を発揮しています。
 
 
街を歩けば
「なぜ、あのお店は人気があるのだろう?」
「なぜ、みんな下を向いて歩くのだろう?」
「なぜ、あの子は困った顔をしているのだろう?」

と、まるで4歳児の子どものように
物事に興味や好奇心を持って探求しています。
 
 
けれど、反対に、
一度「知っている」と頭が判断してしまうと、
その先の答えを考えなくなる
もの。
 
 
答えのわかった迷路をわざわざ、
「他のルートもあるかもしれないぞ!」
と、やり直すことはあまり多くないように、

答えが見つかった途端、
僕らの頭は思考が停止してしまいます。
 
 
 
 
 
  
 
 

知らないと平気で言えることは、
疑問を抱き、質問するための最初のステップですから。
ポール・ベネット(IDEO CCO)

 
 
 
 
 
  
 
 

僕らが上司から
与えられた仕事をこなすことに四苦八苦するように、

子どもたちも、
やらされている授業やトレーニングに
意味や目的を見出すことは難しいものです。
 
 
一方で、
自ら興味を示し、
好奇心を持って「なぜ?」と
自分で考え出した質問には、
人は夢中になります。
 
 
あなたは、最近、どんなことを不思議に思いましたか?

「なぜ?」と問いかけたことはどんなことがありましたか?
 
 
4歳の子どもは
僕たちにたくさんの質問を投げかけます。

「パパはどうして今日、お出かけしないの?」
「どうして雨が降っているの?」
「どうしたら雲ができるの?」
「虹はどんな味がするの?」
「虹を食べた人はどうなるの?」
「どうしてパパは知らないの?」
「おじいちゃんに勉強しなさいって言われなかったの?」
 

ついつい、
「そんなことは良いからもっと真面目なことを考えなさい」
と、言いたくなるかもしれません(笑)
 
 
けれど、
その好奇心の種には、
のちに素晴らしい芽となるものもたくさんあります。
 
 
とはいっても…という方のために、
オススメの方法は「好奇心の手帖」をつくること。

「なぜ?」「どうして?」 と疑問に思ったことは、
そのノートに書き込んでいきます。
 

そして、
時間を見つけては、
その答えを一緒に考えるのです。
 

そうすることによって、
子どもたちは自ら学びたいことに夢中になって取り組み、
成長していくのと同時に、

子どもたちの好奇心は、
僕らのすでに知っているという「固定概念」を
崩してくれ、創造力を磨くきっかけ
をくれます。
 
 
子どもたちと一緒に「好奇心の手帖」をつくって、
お互いに学び合いましょう。

 
 
 
もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
5shitsumon

  • (お客様の声/代理投稿)高校2年の息子は先生、コーチからいまの過ごし方を問われ苦悶の日々を過ごし、仲間には置いていかれそうになることを日常から考えずにはいられないため、何かを探し、気づきを繰り返しているので、遠くから見守っていますので、あまり気にしていません。

    ところが、小3を指導する立場において、子供たちが好奇心というものが見られないのか、探究心が出てこないように見えています。

    好奇心の手帖、上手く使いたい。でも、どうやるか。子供達はjリーグでさえ知らない。日本代表も知らない。少しずつですがあのサッカークラブしってる?とか、あのサッカー選手しってるっていう問いかけやビデオを見せたりして、世界を広げる、好奇心を持ってもらえるよに接するしかないですかね。

    ありがとうございました。