トップ> コラム> 子どもたちの「チャレンジ精神」は僕ら大人の声がけで生まれる。

子どもたちの「チャレンジ精神」は僕ら大人の声がけで生まれる。

DSC_2683

子どもたち選手が
どのような心の持ち方をしているかによって、
行動に違いが生まれます

そして、その心の持ち方は、
僕ら大人の言葉がけが大きな影響を与えます。

結果ばかりを気にして、チャレンジすることを嫌がる子もいれば、
成長することを楽しみ、失敗や成功から学び続ける子もいます。

他人からの評価に敏感で、
全てに完璧を求めてしまう傾向の大きな子どもたちは
「自分ができること」にしかあまり興味を示さなくなります。

「それは難しそう」
「そんなの無理だよ」
と、やる前からあきらめムード。
なかには「もうそれはやったことある」と嘘をついてしまう子もいます。

一方で、
つまづくことを失敗と考えず、
何かを学びとるチャンス
だと思っている子たちは、

「面白そう!」
「ミスをするかもしれないけれどやってみる!」
「やってみないとわからないよ」
と、目の前のことに興味を示し、最初の一歩を踏み出します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

失敗を何かのせいにしないかぎり、
その人は失敗者ではない。
ージョン・ウドゥン

 
 
 
 
 
 
 
 

かなり優しいパズルを一緒に解いた後、
「もっと難しいパズルにチャレンジする?」と問いかけると、

喜んで「やるやる!」と答える子どももいれば、
「これ以上、難しいのなんて嫌だよ」という子もいます。

失敗をしても、
成長することを楽しむことができる子どももいれば、
失敗をすることが、
恥ずかしいことだと感じている子もいます。

もし、失敗を恐れずに、
目の前のことに行動を移し、チャレンジしてほしいと願うなら、

まずは、
ら大人も失敗することがあるんだということを見せてあげること。

完璧な人なんていないこと。
失敗することは恥ずかしいことではなく、
失敗があるからこそ学べることがあるんだと、行動で示してあげること。

そして、もう1つは
結果に焦点を当てた言葉がけを減らしていくこと。

「勝った?」「負けた?」と試合が終わるたびに問いかけられ続ければ、
僕ら大人の意図に関係なく、「勝敗こそが大事なんだ」と子どもたちは思い込みます。

大好きな歌を歌っているのに、
いつも「うまい」「下手」と評価をされれば、楽しくて仕方のなかった歌うことも、
急に恥ずかしくて大きな声で歌わなくなってしまいます。

「どんな成長があった?」

「あの大切な場面、どんなことを感じた?」

「どうやって乗り越えたの?」

「いま、どんな気持ち?」

結果だけでなく成長や、
子どもたち自身が「感じていること」に意識を当てた会話をする。

そうすることで、
子どもたちは少しずつ、
結果や評価ばかりを意識していた考え方から成長を見つめ、
チャレンジすることの楽しさを感じることができるはずです。

子どもたち選手と一緒に、
結果だけでなく成長する楽しさを感じる機会をつくりましょう。
 
 
 
 

 
 
 
もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
5shitsumon

2016.06.23
  • (お客様の声/代理投稿)
    結果ではなく、やってきたこと、そこまでのプロセスを認める、褒めるようにもしてましたが、その時の気持ちや感じたことを聞くのはたいへん興味深く、実際に使ってみようと思います。

  • (お客様の声/代理投稿)
    失敗恐れる子多いですね。
    そういう環境を作っているのはおとなかも…。
    自分も子供の時は失敗を避けていました。

    大人になってサッカーを始め、子供の頑張りが痛いほどわかります。
    一緒に練習していると、お互いに貶しあったり褒めあったりしてます。
    コーチでもなく、チームメイトでもなく、下級生でもない。
    その曖昧な立場がお互い心地良く感じます。
    藤代さんも近いのかしら?

    見栄を張らずに「ホントはね…」って言えるような立場になりたいです。

いいな!と思ったらシェアしてもらえると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 1 follow us in feedly
  • LINEで送る
★ メルマガ好評配信中 ★
名 
メールアドレス
都道府県
メール形式 PC・スマートフォン
携帯電話

  • ニュース
  • コラム
  • お客様の声
  • レポート
  • おすすめ商品
  • 研修・講演

インストラクター養成講座

なりたい自分になる

オンラインストア

作戦会議

MIZUNO ZONE LAB

サカイク掲載記事まとめ

★ facebook ★
★ Twitter ★