【大門サッカー少年団様】しつもんメンタルトレーニングまとめ

02

こんばんは、しつもんメンタルトレーニングの藤代です。
先日はありがとうございました!

僕自身もとても楽しい時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございます!

改めて、
内容の大まかな振り返りをお伝えするのと同時に、
子どもたちへの関わり方を振り返って頂けたら嬉しいです。

◎先日の内容は…

テーマ「なりたい自分になるしつもんメンタルトレーニング」

・ゴールを決める
・場をあたためるゲーム(ジャンボジャンボジャンボ)
・前後左右(みんなで安心してチャレンジできる雰囲気をつくる)
・うまくいっていることを見つける(前向きな思考を育む)
・何でも叶えられるとしたら何を叶えたいですか?
・答えの先を見つける
・言われて嬉しい言葉/言われて嫌な言葉
・カウントゲーム
・尋問と効果的なしつもんの違い
・プレッシャーを味方にする
・学びを振り返る

little girl with a backpack standing on a mountain top

ゴールを決める

「終わったときに、どうなっていたら最高ですか?」
練習や学校の授業の質を高めたいときにとても効果を発揮するのが、この質問です。なんとなく練習をしていては、なんとなくしかうまくなりません。なりたい自分に近づき、成長を積み重ねていくためには、終わりから考えることが大切です。
「30年後はこんな自分になりたい」20年後は…10年後は…というように長期的な目標もあります。それと同時に、3年後、1年後、半年後、というように短い期間の目標もあるでしょう。そして、2時間なら、2時間の練習の目標もあります。その目標を決めるのがこの質問です。「今日の目標は何?」と伝えてもなかなか子どもたちは考えることができません。けれど、「練習が終わったときにどうなっていたら最高?」と問いかければ、子どもたちが考える「最高の姿」を教えてくれます。

time to focus written by hand

前後左右

子どもたちが自分の考えを表現し、ピッチの上で挑戦する姿勢を見せてくれるためには、チームに流れる空気がとても重要です。「怒られたら嫌だな」「笑われたら嫌だな」という思いが心の中にあると、どうしても挑戦しづらくなるものです。どんな答えでもいいんだ。チャレンジして失敗しても、またやり直せるっていいな。と体感するゲームでした。

スクリーンショット 2016-06-07 16.23.25

うまくいっていることを見つける(前向きな思考を育む)

ついつい僕らは欠けているところばかりに目が奪われてしまうもの。「あれができない、これもできない」「あの人はこんなところがダメ」とできないことに意識が向いてしまいます。そうした考えばかりが頭を支配してしまうと、素敵な所や良い所を見つけられなくなってしまいます。意識して、素敵なところやうまくいっているところを探すことによって、前向きな思考を育むことができます。

>>>サカイクさんインタビュー記事「短所を見つけたときは、長所も見つけてバランスを整えよう」

03

言われて嬉しい言葉・嫌なことば

チームに流れる空気を変えるためのヒントは「言葉」を変えること。意識して、使う言葉を変えていくことでチームの空気に変化が起こります。言葉はすごいパワーを持っています。選手やチームメイトに自信を与えることもできれば、自信を奪うこともできます。どんな言葉を使うか?を改めて大切にしていきましょう。

スクリーンショット 2016-05-20 19.06.33

シャンパンタワーの法則

(ここは子どもたちと一緒での講座でしたのでお伝えしませんでしたが、とても重要な考え方ですので、ぜひご覧ください)
物事の何を伝えるか、よりも誰が伝えるかがとても重要です。もっといえば、誰がどんな心の状態で伝えるか、です。同じ満員電車の中でイライラすることもあれば、全く気にならないことがあるように、心の状態が変化すると物事の見方も変化します。まずは、自分を満たすこと。そのあふれたエネルギーで近くの人を満たしましょう。

>>>サカイクさんインタビュー記事「子どものためにも、まずはあなたの心を満たしましょう」

"HOW?" Speech Bubble on Blackboard (user manual guide questions)

尋問と効果的なしつもんの違い

質問には「良くない質問」と「効果的な質問」があります。良くない質問の多くは「なんで?(WHY)」ではじまる形のもの。「なんでシュート打たないんだ?!」「なんで宿題やらないの?」「なんで私はできないんだろう?」と問いかけると、言い訳が返ってきます。
一方で効果的な質問は「どのようにしたら?(HOW)」ではじまるもの。「どうしたらいいと思う?」と問いかけることで、子どもたちからアイデアや改善策が返ってきます。やる気や行動を引き出しいのであれば、「効果的な質問」をすることがオススメです。

13178980_226000471112388_5702700688694180623_n

プレッシャーを味方にする

プレッシャーを味方にし、試合で力を発揮するためには、変えられないことではなく、変えられることにエネルギーを注ぐことが大切です。自分自身の力で変えられることは「いま」と「自分」だけ。
天候や、ピッチのサイズ、コンディション、歓声、審判のジャッジ、相手を変えることはできません。また、過去や未来、結果を直接変えることはできません。
未来は「いま」の積み重ねで生まれます。

>>>Mizuno zone labさん執筆記事 「試合になると緊張し、練習でできることができません。緊張を和らげるにはどうしたらいいですか?」

DSC_0084

学びを振り返る

学びはインプットとアウトプットのバランスが大切です。特に自分の考えや感じたことを書いたり、人に話すことで、より学びが深まります。そのために必要なことは「振り返りの時間」をつくること。「今日の学びは何があった?」そう問いかけることで、子どもたちの頭の中を整理するサポートができます。

DPP_764

行動と変化を生み出す

「学びを活かして、この1週間でやりたいことは何ですか?」
いくら学んでも、行動に移さなければ意味がありません。「知ってる」と「やってる」のとでは、雲底の差があります。学びを行動に変えるためには、行動を引き出すこと。「今日の学びを活かして、やりたいことは何があった?」と問いかけることで、子どもたち自身から行動を引き出すことができます。ここでさらにおすすめしたいことは、小さくすること。最初にお伝えした通り、学んでも行動に移さなければ意味がありません。ですので、最初の一歩は小さなステップの方が、後々スピードも出てきます。「今週できることは何があるかな?」「今日やりたいことは何?」期間を小さくすることで、行動を引き出しましょう。

スクリーンショット 2016-06-07 16.28.40

宿題:9つの点

宿題はできましたか?(笑)
お伝えした通り、僕の経験上、子どもたちには素晴らしい力が眠っています。その力を引き出すのも、閉じ込めるのもまわりにいる大人次第だと僕は考えています。彼らに眠る力を引き出すコツは「自由を与えること」。僕らの常識や当たり前を押し付けすぎず、彼らの好奇心を尊重し、サポートすることが大切だと考えています。それを改めて感じて欲しくて、宿題でした!

>>>答えはこちらからどうぞ!「あなたの”当たり前”が、子どもの成長を阻害する可能性」

子どもたちの自信は僕ら大人の言葉がけによって変化が起こります。
普段、無意識に伝えている言葉をちょっと意識して、丁寧に温かく、伝えていきましょうー!

ありがとうございます!

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。
ぜひ、またお会いできることを楽しみにしております。



こちらから、当日の学びを改めてメールで学ぶことができます!
もしよろしければ、ぜひ!
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51