どんな言葉があなたのやる気を引き出しますか?

どんな言葉をかけよう?

子ども達にどんな言葉をかけているかで、
その子のパフォーマンスも大きく変わる可能性があります。

ゴール前、キーバーと1対1の場面。

シュートをはずした選手に対して、

「なにやってんだよ!」と伝えるのか。

「それとも、次!
 
 切り替えて次は決めよう!」
と伝えるのか。

今日はどんな言葉をかけるか。

についてもう少し考えてみたいと思います。

水は答えを知っている。

という本をご存知ですか?

水を氷結させて結晶写真を撮り、

どんな言葉をかけるかで、

その結晶のカタチが変わるというものをまとめた本で、

水に対して毎日、

ありがとうという言葉を伝えた場合と、

バカヤロウと伝えた場合、

どんな違いが出るのかを実験したものです。

みなさんご想像の通り、

ありがとうと伝えた場合、

水は綺麗な六角形の結晶をつくるのに対し、

バカヤロウと伝えた場合では、

綺麗な結晶はできないそうです。

こどもを伸ばす【質問】の授業。
参照:「ありがとう」と「バカヤロー」。同じ桃でも、かける言葉によって日持ちがまったく違ってくる

どんな言葉が選手のチカラを引き出すのか


この水の結晶のお話。

科学的根拠はないそうで、
インターネット上でも、「信じちゃだめ!」という
議論が飛び交っています。
確かに、

皮肉をこめた「ありがとう」には、

感謝の気持ちを感じる事はできませんし、

時には「バカヤロウ!」と伝える事が

大切かもしれません。

大事なことは、

「信じるから使う」とか

「信じてないから使わない」ということではなく、

どんな言葉が選手のチカラを引き出すだろう?
 
と自分に問いかけ、考え、実践することです。

選手もひとりひとり違います。

褒めて伸びる子もいれば、

叱られて伸びる子もいます。

人前で叱られるのが嫌な子もいれば、

みんなの前で褒めて欲しい子もいます。

子どもたちをもっと伸ばしてあげたい。

であれば、

どんな言葉を使うのがいいんだろう?

どんなふうに声をかけてもらえたら

やる気がでるだろう?

ちょっとずつ、

言葉を意識していきましょう。

>>>どんな言葉があなたのやる気を引き出しますか?

お知らせ 

 
更新時に直接届くメールマガジンの登録はこちらから。  
  パソコンの方は
こちらからどうぞ。 (携帯の方はこちらから)

にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ