「自己ベスト更新」を目指して集中力を高めよう。

DSC_4049

パソコンの調子が悪くて、
クリックしてから反応するのに10秒以上かかってしまいます。

お店の方に診てもらうとすぐに解決したのですが、
調子が悪い期間は、パソコンだけでなく、
なんだか自分のやる気も低く、
頭が冴えないことを感じていました。

でも、
ふと考えてみると、
子どもたちのやる気と集中力も
おなじことがいえるかもしれません。

「よし、やろう!」と宿題をはじめても、
いつの間にかだらだらしてしまい、
最初にはあったはずのやる気も集中力もなくなっている子どもたち。

「あんなにあったはずのやる気はどこに行ったんだろう?」
と、不思議に思うこともあります。

けれど、
そんなときに取り組んでみて、
成果があった方法もあります。

それは、「自己ベスト更新」です。

必要なものはストップウォッチ、
これだけ。

机の横にストップウォッチを用意して、
子どもと目標の時間を決めるだけで、
自然とやる気と集中力を高めることができます。
 
 
 
 
 
 
 
  

ほかの誰かではなく、
自分自身の最高を目指すべきだ。
ージュディー・ガーランド (女優)

 
 
 
 
 
 
  

マラソンの選手は目標を決めます。

「フルマラソンでは4時間を切ろう!」

であるとか、

「10キロ走で60分を切る!」

とか、自分の目標や
自己ベスト更新を目指します。

そして、
設定したタイムを上回ることで、
達成感と自己ベスト更新というご褒美が受け取ります。

「どれくらいの時間でやる?」

「何分くらい必要かな?」

「何分を目指そうか?」

ストップウォッチを用意して、
子どもたちのやる気と集中力を高めましょう。

 
 
 
もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
5shitsumon