トップ> コラム> 子どもとの対話は地球のことを考えること。

子どもとの対話は地球のことを考えること。

AdobeStock_101413593 のコピー

4月22日。今日は「アースデイ」
地球のことを考えて行動する日です。

アメリカで1970年に誕生し、
人びとが何らかの形で、地球への関心を表現する日とされています。

子どもたちとの関わりを考え、
一緒に対話を育むことは、
地球のことを考えること
ともいえます。

だって、
僕らはこの地球に住んでいて、
近くにいる子どもたちが、
これからの地球を良くしてくれるんですから。

「子どもたちとどんな対話をしたいですか?」

最近、興味があること。
嬉しかったこと。
悲しかったこと。
ちょっとイライラしたこと。
感動したこと。
10年後の未来。
明日やりたいこと。

 
 
 
 
 
 
呼吸は足もとの大地から空気を吸い上げる事である。
– ジョー・ウィリアムス

 
 
 
 
 
 
自由に。
そして、
肩の力を抜いて、
対話をしましょう。



もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51

2016.04.22
いいな!と思ったらシェアしてもらえると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 1 follow us in feedly
  • LINEで送る
★ メルマガ好評配信中 ★
名 
メールアドレス
都道府県
メール形式 PC・スマートフォン
携帯電話

  • ニュース
  • コラム
  • お客様の声
  • レポート
  • おすすめ商品
  • 研修・講演

インストラクター養成講座

なりたい自分になる

オンラインストア

作戦会議

MIZUNO ZONE LAB

サカイク掲載記事まとめ

★ facebook ★
★ Twitter ★