子どもとの対話は地球のことを考えること。

AdobeStock_101413593 のコピー

4月22日。今日は「アースデイ」
地球のことを考えて行動する日です。

アメリカで1970年に誕生し、
人びとが何らかの形で、地球への関心を表現する日とされています。

子どもたちとの関わりを考え、
一緒に対話を育むことは、
地球のことを考えること
ともいえます。

だって、
僕らはこの地球に住んでいて、
近くにいる子どもたちが、
これからの地球を良くしてくれるんですから。

「子どもたちとどんな対話をしたいですか?」

最近、興味があること。
嬉しかったこと。
悲しかったこと。
ちょっとイライラしたこと。
感動したこと。
10年後の未来。
明日やりたいこと。

呼吸は足もとの大地から空気を吸い上げる事である。
– ジョー・ウィリアムス

自由に。
そして、
肩の力を抜いて、
対話をしましょう。