トップ> コラム> 「やらない」時間をつくろう。

「やらない」時間をつくろう。

Take your pick

ぱんぱんに膨らんだ風船は、
ちょっと針に触れただけで
驚くほど簡単に割れてしまいます。

風船ならまだしも、
他の風船で代用できますが、
これが僕らの心や体だったら大変。

僕ら大人も「癒し」や「1人の時間」が欲しくなるように、
子どもたち選手にも心と体をゆるめ、
リラックスできる時間と空間が必要です。

けれど、なかなか休む勇気を持てず、
一心不乱に身体を動かすことだけに焦点を当ててしまいます。

「練習はしたのか?」
「宿題やったの?」
「ゴロゴロしてないでしっかりしろ!」

もちろん、
メリハリがなくいつまでも
力を抜いていては問題があります。

けれど、
いつも気を張り、
リラックスする時間がなければ、
子どもたちのやる気は自然と下がり
情熱も消え、ストレスを溜め込み、

いつしか「何もしたくない」と
意欲をなくしてしまいます。
 
 
 
 
 
 
 
 

家の中での空間が
どれくらい気持ち良いかというのは、
グラウンドに反映されるんです。
ーイチロー(メジャーリーガー)

 
 
 
 
 
 
 
 
膝を伸ばしきり、
緊張させたままでは
大きくジャンプをすることができません。

大きくジャンプするためには、
膝をまげ、しゃがみこみ、
エネルギーを溜める必要があります。

それと同じように、
子どもたちの力を引き出すためには、

リラックスし、
体と心をゆるめる
時間と空間が必要です。
 
 
 
「どんな時間が心を緩めてくれるだろう?」
 
 
「どんな場所が心地よい?」
 
 
「リラックスするためにどんな機会をつくろう?」
 
 
僕らの頭も心も
気づかぬうちに疲れをためています。

「これをやろう、あれをやろう」と
やることばかり増えていけばなおさら。

 
力を抜いて、勇気を持って休み、
それらを意識して解放することが次への力になります。

子どもたち選手と心も体もゆるめ、
解放できる時間をつくりましょう。

.
.
.

もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」

2016.03.13
  • (お客様の声/代理投稿)
    詰め込みすぎは意欲を下げる。
    教える側は成果を求めて、どんどんやらせようとする。
    やれていないと、もっとがんばらせようとする。
    それでは成果は上がるどころではないんだなあ…
    じゃあどうやってメリハリつけようかなあ。

  • (お客様の声/代理投稿)

    詰め込みすぎは意欲を下げる。
    教える側は成果を求めて、どんどんやらせようとする。
    やれていないと、もっとがんばらせようとする。
    それでは成果は上がるどころではないんだなあ…
    じゃあどうやってメリハリつけようかなあ。

  • (お客様の声/代理投稿)

    私たち大人が、イライラしたり、思うようにいかずz競ったときは、「勇気をもって休む」なるほど…と思いました。
    ありがとうございました

いいな!と思ったらシェアしてもらえると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 1 follow us in feedly
  • LINEで送る
★ メルマガ好評配信中 ★
名 
メールアドレス
都道府県
メール形式 PC・スマートフォン
携帯電話

  • ニュース
  • コラム
  • お客様の声
  • レポート
  • おすすめ商品
  • 研修・講演

インストラクター養成講座

なりたい自分になる

オンラインストア

作戦会議

MIZUNO ZONE LAB

サカイク掲載記事まとめ

★ facebook ★
★ Twitter ★