「自分で立てた目標」が子どもの行動をつくる。

DSC_6854

「目標は?」
「どんな選手になりたい?」
「20年後は何をしてると思う?」

学校でも部活でも、
目標を立てることの必要性
子どもたちは学んでいます。

ですので、
目標を立てることについて
抵抗を持っている子はあまりいません。

試合の前には
自然と結果の目標を意識していますし、
テストの時も「何点取りたい」という目標を立てています。

もちろん、
目標を立てることが苦手な子もいますが
何か物事をするときは「目標を立てた方がいい」と頭では
理解しているように見えます。

けれど、
「なぜ、目標が必要なのか?」
という問いの自分なりの答えを持っていないと、

ただ「立てただけ」の目標になってしまいます。

  
 


「なぜだろう」という純粋な疑問を、目の前の世界に投げかける。
すると、「あたりまえ」の世界が、くるりと一回転する。
そのあと、じぶんに返ってくる言葉が、詩とよばれる言葉です。
ー 長田弘(詩人)

  
 

子どもたちのやる気を向上させるためには、
まず、「誰が目標を立てているか?」がとても重要です。

人から与えられた目標は、
行動に移しづらいもの。

僕ら大人も、
会社の上司の人から「今月のノルマ」と
勝手に目標を突きつけられとやる気をなくすように、

子どもたちも本来は自分で考え、
工夫して物事に取り組みたいと思っています。

お父さんから
「お前はスイングが遅いから、毎日、素振りを200本やれ!」
と言われて取り組むのと、

自分自身で、
「僕は将来、野球選手になりたい!
 だから、まずできることとして、毎日素振りを200本しよう!」

と考えて取り組むのでは、

同じ200本の素振りでも、
質の違いが生まれてきますし、
継続できる期間も変わってくるはずです。

けれど、
一方でチームとしての目標があります。

与えられた「日本一になる」というチームの目標を
自分ごとにしてもらうためには、

「なぜ、この目標を達成したいんだろう?」

という問いの答えを持つこと。

そうすることで責任感が芽生え、
目標を「自分ごと」にすることができます。

目標を立てることで、
その目標が道しるべとなり、
上達しているかどうかを振り返り、
確認することができます。

また、
自分の希望を周囲の人に伝えることで、
応援してくれるかもしれません。

そして、何より
目標を立てることで「行動」が生まれます。

行動を変えないと
僕らは変わることができませんから、
これが、もっとも大切なことかもしれません。

「目標を立てることのメリットは何だろう?」

「デメリット、良くないことは何だろう?」

「どんな目標が僕らのやる気を高めてくれるだろう?」

子どもたち選手と一緒に、
自分たちらしい目標を見つけましょう。

 
 
 
もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
5shitsumon