問題の解決は「憧れの人」の力を借りよう。

11-25

「あの人だったらどうするだろう?」

目の前に立ちはだかった困難を前に思い悩んだとき、
「あの人だったらどうするだろう?」と
憧れの人の立場になって考えてみる。
 

すると、新たな視点を得て、
問題を解決する糸口となる
ことがあります。
 
 
 
 
僕ら大人も子どもたち選手も、
知らず知らずのうちにいろんな思い込みを詰め込み、
思考が固まってきます

 
 
新たな視点を得るためには、
慣れ親しんだ場所を離れてみること
 
 
右サイドから左サイドへ。
ピッチャーからキャッチャーへ。
スパイカーからレシーバーへ。
 

ポジションを変えてみることで、
違った世界が広がっていることに
自然と気づくことができます。
 
  
 
 
 
 
 
 
 

お勧めの習慣が、
「誰かをベンチマークにする」ということです。
存命の方でも、歴史上の人物でも構いません。
自分が憧れる、かっこいいと思う人をベンチマークにして、
ことあるごとに「こんなとき、あの人ならどうするか?」を考えるのです。
ー 徳重徹(テラモーターズ社長)

 
  
 
 
 
 
 
 
 

簡単に自分の思考のポジションを変える方法は、
憧れの人の立場になって、物事を見つめてみること。

憧れの人を思い描き、
問いかけてみる。
 

「あの人だったらどうするだろう?」

 

そうすることで、
新たな視点に気づき、行動が生まれ、
問題を解決する糸口が見つかります。

憧れの人の力を借りて、
物事をいろんな角度から見て、
問題を解決しましょう。

 
 
 
もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
5shitsumon