「しなきゃ」ではなく「したい」をつくろう。

DSC_2858
「やりたいことが
 たくさんあるんじゃない?」
 
千葉へ向かう電車にて、
腰掛けた席の隣に座ったおばあちゃんから
そんな声を掛けてもらいました。
 

「なんでも、やってみるといいわよ。
 年を取ると、なにしようかなーと探しちゃうから。
 やりたいことをやった方がいいわよ。」

3分ほどしか
おばあちゃんとはお話できなかったのですが、

「やりたいことをやりなさい」

なぜ、そう感じて、
その言葉をかけてくれたのかはわかりませんが、
僕の心に響きました。
 
 
子どもたち選手と関わるときにも
大切にしていることがあります。

それは、
子どもたち選手本人が「やりたい」と
思っているかどうか。

 
 
「やらなきゃ」ではなく
「やりたい」という気持ちがとても大事です。
 
 
 

「いい選手になるためにもっと練習しなきゃ」

そうした気持ちも
もちろん大切かもしれません、

けれど、選手自身が、

「もっと練習したい」
「もっとうまくなりたい」

と、思えていることが
やる気や成長を高める上でとても大切です。
 
 
 
 
 
 
 
 


もし今日が
自分の人生最後の日だとしたら、
今日やる予定を私は本当にやりたいだろうか?
ー スティーブ・ジョブズ

 
 
 
 
 
 
 
 

努力しなきゃ、ではなく、努力したい。

練習しなきゃ、ではなく、練習したい。

頑張らなきゃ、ではなく、頑張りたい。

やらなきゃ、ではなく、やりたい。
 
 
 

そんな気持ちを持つことができると、
子どもたちの成長はどんどん加速しますし、
僕らが「やりなさい」と言わなくても
自ら進んで主体的に行動しはじめます。
 
 
僕ら大人ができることは、
「やらせる」ことではなく、
「やりたくなる環境」をつくること。

 
 
子どもたち選手を管理するのではなく、
自由に飛び回り、考えや行動、
主体性を解放できる環境をつくること。

「どんな環境だと、
 もっと練習したいと思えるだろう?」

自分の心に正直に「やりたい」を引き出す、
環境をつくりましょう。

 
 
 
もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
5shitsumon

  • (お客様の声/代理投稿)
    本人が、やりたいと思うか、やる必要があると、心から思わない限り、行動が継続出来ない気がします。どうしたら、やりたくなる気持ちになるかは、ひとそれぞれですし、そこを見つけていくのが、なかなか難しい気がします。まずは、いろんな考え方を、受け入れる環境が、必要ではないかと思います。