誰かに言われたからやる」ではなく 「自らの意思でやる」力を育てるきっかけ

0022

 

子どもたち選手は成長すればするほど、
自分で立てたルールや計画を大切にし、
自分のことは自分でやっていくという自律の力を求められます。

幼い頃は、お父さんやお母さん、
コーチや先生が手取り足取り支えてくれます。

けれど、
年を重ねるに従って、
自分で自分を律する力を求められます。

社会に出たときに、
自分の意思を持たず、
まわりの人の命令や指示だけを頼りに行動していては、
自分らしく輝くことは難しいかもしれません。

 

そう考えてみると、
子どもたちが大人になる前から、

「誰かに言われたからやる」ではなく、
「自らの意思でやる」という心と機会をつくっていくことが必要です。

 


一番の理想は、自分で強化して、
自分で戦いに行く選手を育てることなんです。

それだけ高い意識を持たないと、
世界、ひいては五輪といったギリギリの状況で戦えない。

我々は1対1の格闘技の世界にいます。
そこで自分自身との戦いというか、
孤独に耐えられない人間は勝てません。
ー 井上康生

 

では、
どうすればそうした心と考え方を
育むことができるんでしょう。

まずできることは、
子どもたちが自分自身で、
自分の過去や現在、
実現したい未来をイメージする機会をつくること。

 

「どんな未来を実現したいだろう?」

「そのためには何が必要だろう?」

「どんな一歩を踏み出そう?」

 

最高の未来を実現するために、
計画を立て、今日できることに行動を移す。

できなかったことは改善し、
自分との約束を守っていく

約束を実行することで
自信も育むことができます。

昨日の自分よりも
成長を感じられる1日を積み重ねましょう。

 

 

○この記事のポイント

・「言われたからやる」ではなく「自らの意志でやる」力を育てよう 
・未来をイメージするきっかけをつくろう
・イメージを実現するための行動を起こそう

○この記事のしつもん

「どんな未来を実現したいだろう?」
「そのためには何が必要だろう?」
「どんな一歩を踏み出そう?」

 
 
もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
5shitsumon