選手の感情を動かす言葉で伝えよう。

恵比寿にある
野菜がおいしいカレー屋さんを
訪れたときのこと。

そこは、
野菜にこだわっていて、
生産者さんの名前や写真が
大きく掲載されています。

その中でも、
僕の心をぐっと掴んで離さなかった
あるメニュー。

それは、
「一日分の野菜カレー」

フジシロさん、
ぐっときません(笑)?

なんだか体に凄く良さそうですし、
これ頼んだら、
栄養バッチリ!!と感じさせてくれる
ネーミング♪

ついつい、
頼んでしまいました。

子どもたち選手に
関わるとき、
こんな「ぐっ」と来る言葉を
掛けられたらなー、と
思うんです。

「練習しろ!」ではなく、
「世界一のチームも
 やってる練習する?」

というように、
ひとつひとつを工夫して、
子どもたちの
心をぐっと掴む言葉を
伝えてあげると、

子どもたちは
「やらされている」
ではなく、
「自ら選んで、やっている」
姿に近づいていきます。


 

   
まずは相手の気持ちになって、
どういう言い方をされたら理解しやすいか、
受け入れやすいかを
シミュレーションすることが大切です。
それには選手の性格や考え方を
よく知っておかなければなりません。
– 平井伯昌(水泳日本代表コーチ)

 
1日分の野菜カレー。
まるごとバナナ。
卵1個でふっくら厚焼きたまご(笑)

まず第一歩は、
身のまわりにある、
自分の感情が動く言葉を
探してみる。

そして今度は、
子どもたちの感情が動く言葉を
探し、伝えてみる。

そのために、
子どもたち選手の性格、
考え方や趣味をもっと知る。
をはじめましょう。

>>> どんな言葉がフジシロさんの感情を動かしますか?

>>> ブログの記事をダウンロードできます(PDF)