「体験の効果」大豆戸FC 末本さん対談

02

横浜市で活動している大豆戸FCの末本さんと
「体験」について対談をさせていただきました。

大豆戸FCさんは、
以前は年間140もの試合をこなすサッカークラブ。
週末はほとんど試合だったそうです。

けれど、
現在はあえて、90試合ほどにコントロールしているそうです。

それは、
様々な「体験」を増やすため。

サッカーの体験も大切ですが、
家族や友達と過ごす時間、
野外での活動や、
スキー合宿なども
子どもたちにとっては大切な体験と捉え、
様々な機会をつくっています。

そして、それがサッカーにも跳ね返り、
素晴らしい結果も残しているチームです。

今回は、「対談」というよりも、
末本さんの著書「サッカー少年の親になる!」の親の心得の中で、

第6条 成功や失敗の体験をさせ、成長に導く

にとても共感し、
もっとお話を伺いたくなったのです。

●この音声での主な内容

・失敗から学べること
・気づくタイミングはそれぞれ
・僕らをつくる「体験」とは
・もっとも印象に残ったサッカー少年の「スキー合宿」
・体験は宝物になる

カフェで収録しておりますので、
ノイズなどが多少入り込んでしまっておりますが、
お茶を飲みながらリラックスして聞いていただけたら嬉しいです。

●末本さんのご著書「サッカー少年の親になる!」

ちなみに、このあとも話が盛り上がりました!

・体験のその後のおしゃべり
・センスの磨き方
・振り返りの重要性
・気づく力
・表現することの大切さ

こちらに興味がある方には「続き」をプレゼントいたしますね。
こちらからお受け取りください。






 は必須項目です。

 対談 PART2 お申し込みフォーム
    (例)日本
 名   (例)太郎
 メールアドレス   (例)nihon@example.co.jp
 都道府県 
 コメント
 当てはまるものにチェックをどうぞ。  指導者教師保護者選手その他

◎大豆戸FCさんにもご協力いただいている【福富信也さん講習会】
 「違いから学ぶ」チームビルディング セミナーはこちらからどうぞ。
160130