大切にしたい答えがでないことを楽しむ勇気

 
答えはない。
答えは存在したことがない。
答えはこれからも存在しない。
それが答えなのだ。
─ ガートルード・スタイン(米 詩人)


「質問の答えはすべて正解だよ」

講演やワークショップ、
マンツーマンのトレーニングでも
選手たちに伝えています。

学校のテストのような問題なら
答えが存在します。

1+1は2ですし、
鎌倉幕府といえば1185年。

この答えが変わるとすれば
一大事ですし、
社会現象が起こります(笑)

けれど、人生はもちろん、
スポーツには「これ」といった
答えがありません。

どこにパスを出すか、
シュートか?
いやドリブルか?

その時、その場面で
最適な答えを選んだとしても、
「これ」が正解!!
というものは存在しません。

その答えを知るべく、
答えに近づけるべく、
僕らも子どもたち選手も
トレーニングし、勉強し、
鍛錬し続けます。

けれど、
もしかしたら、
この「答え」は
知らない方がいいのかもしれません。

 

 
スペイン語で答えはrespuesta。
このresponsoは、
「死者に対する歌」が語源。
答えがわかった途端
あなたの思考は死んでしまう
ー クリエイティブシンキングより引用


答えを出すことだけに
こだわらず、
答えを導きだす、

考える時間、
思考する時間に
価値をもちましょう。

その経験や
もしかしたら苦しい時間が、
子どもたち選手を
大きく成長させてくれます。

答えが出ない、を楽しみましょう。

>>> 考える時間を大切にしていますか?

>>> ブログの記事をダウンロードできます(PDF)