センスは「知識と経験」の積み重ねで磨かれる。

Child.

子どもたち選手の感性をひらきたい。
センスを磨きたい。

そのために、できることは何だろう。

「あの人はファッションセンスがある」

そう言われる人の多くは服に夢中になっていたり、
ファッションが大好きだったり、する。

「あの人は絵のセンスがある」

そうした人の多くは、よく美術館に足を運んだり、
絵に触れる機会が多かったり、する。

そう考えてみると、
センスは「いかにそれを体験しているか」
によって創られているのかもしれない。

子どもの頃に、
どんな体験や経験をしているかが
その後の成長に影響する。

最近いろんな人と話していて思うのは、
結局いかに多くのものを観て、
聴いて、読んでいるかが大切だということだ。

創造力の源である感性、
その土台になっているのは自分の中の
知識や経験の蓄積だ。
ー久石譲

センスや感性は
すぐに花が開くことはないけれど、
確実に磨くことができる。

それは
知識や経験の積み重ねによって。

誰にでも
「あの時、あれがあったから」
というような体験が転機になることはあるし、

小さな体験の積み重ねが、
僕らをつくっているのかもしれない。

美術館で一流の絵画に触れる。
普段、読まない本を手に取ってみる。
冬の海で風を感じてみる。
食卓にお花を飾る。
山頂から日の出をのぞむ。
満天の星空の下で寝っ転がる。
世界一のジェットコースターに乗る。
自分だけのお茶碗を作ってみる。
泥まみれになって遊んでみる。
水たまりの上で飛び跳ねてみる。

そんなこと必要ない。
と、頭で考えてしまうようなことも、

将来、
子どもたちの感性やセンスとなって
芽を出すこともあるかもしれない。

お金をかけてできる体験から、
日常生活ですぐにできる体験まで。

子どもたち選手の感性やセンスを磨く
体験をつくりましょう。

 
 
 
もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
5shitsumon