集中はいつの間にかしているもの。「試合をする前」に準備しよう。

DSC_3327

「集中しろ!!」
「ここ大事!集中切らすな!」
「集中!集中!!」

ここ一番。
大切な時間帯。
拮抗している試合展開。

そんな時間になるとベンチや観客席から
「集中!」という言葉が飛び交います。

試合中に
「今日の夜ご飯なにかなー?」と考えていては
試合で実力が発揮できない
ように、

ある程度の集中状態を自分自身でコントロールすることは
欠かすことのできない力です。

けれど、
子どもたち選手に、

「どうやって集中するの?」

と聞いてみると「…わかんない。」
と答える選手が多いのも事実です。

 
それでは、
いくら試合中に「集中しろ!」と言われても、
その方法を知らなければ集中することは難しいですよね。

 
そもそも集中とは
「無理やり集中するもの」ではなく、
「いつのまにか集中してるもの」

ですので、
「試合までにどのようにして集中する力を育んでいるか?」
とても大切ともいえます。

手元にある辞書によると
「集中」とは、1か所に集めること。
また、集まること。

 
あなたも集中しているとき、
トゥルルルといった電話の呼び出し音や
お家のインターホンが鳴っていたり、
友人に話しかけられても気づかないといったことがあるかもしれません。

それは、
1か所に意識が集まって、
他の情報をキャッチするアンテナが閉じてるから、です。
 
 
集中力をコントロールするためには
まわりの情報に向いているアンテナ(意識)を自分でリセットして、
集中しやすい状況をつくることが大切です。

集中力が高まって最高の状態になると、
まわりのものがすべてスローモーションで見えてくるんだ。
ー ジョー・モンタナ

練習で出来ない技術を
試合中に披露することは難しいように、

「集中しろ!」と伝えて試合中にいきなり集中力を
発揮することはできません。

ですので、

試合に臨む前に、
集中力を高める準備をしておくことが重要です。

例えば、

・ゴルフボールを上に3つ並べてみる。
・歩いている間、おなじ文字を探してみる。
・ランダムに書かれた数字を
 1から順番に消していく乱数表をやってみる。

といったことでも良いですし、

読書や宿題の時間など、
普段の生活の中でやっていることを
時間を決めて意識してやってみるだけでも
子どもたちの集中力は徐々に高まってきます。

「集中しろ!」ではなく、
集中力を整える準備をしましょう。

もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」