トップ> コラム> プレッシャーは、まず出所を整理しよう。

プレッシャーは、まず出所を整理しよう。

DSC_4464

大舞台になればなるほど、
また失敗できない場面になればなるほど、
僕らには大きなプレッシャーがやってきます。

どうすればプレッシャーと
うまく付き合うことができるのかを知るのはとても重要ですが、

まずは、自分自身はどんな時にプレッシャーを感じるのか
把握しておくことがその後の行動をより効果的にしてくれるはずです。

あなたはどんなときに、大きなプレッシャーを感じるでしょうか?

新しいお客さんと会うことを想像して不安なとき?
大事なプレゼンテーションが控えているとき?
お友達との関係がうまくいっていないとき?

自分がいままでに体験したプレッシャー
今後、起こりそうなプレッシャーを感じる状況を書き出し
それらが引き起こす感情や考えについてイメージしてみましょう。

新しいお客さんと会うことを想像すると、どうして不安になるのか?

大事なプレゼンテーションを前にするとどんな恐れを感じるのか?

自分がそれらのプレッシャーを受け、失敗すると、どんな未来になるのか。

 
 


目の前にミランの10番を背負うチャンスがあって、みなさん他の番号を選べますか?
10番をつけることによって出てくるプレッシャーはあとからくるもの。
ー本田圭佑(サッカー日本代表選手)

 
 

「どんな時にプレッシャーを感じる?」

「どうしてプレッシャーを感じると思う?」

「そのプレッシャーを感じたら、どうしたら良いと思う?」

子どもたち選手も
自分自身のプレッシャーの出所やそれらのプレッシャーを受けると、
自分がどんな感情や考え方になるのかを知り、整理することで、
自分自身の選択や決断を感情に邪魔されずに済む可能性が高まります。

プレッシャーとの付き合い方と
じっくりと向き合うことで、
本番で自分らしく輝く力を引き出しましょう。

 
 
 
もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
5shitsumon

2015.11.22
いいな!と思ったらシェアしてもらえると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 1 follow us in feedly
  • LINEで送る
★ メルマガ好評配信中 ★
名 
メールアドレス
都道府県
メール形式 PC・スマートフォン
携帯電話

  • ニュース
  • コラム
  • お客様の声
  • レポート
  • おすすめ商品
  • 研修・講演

インストラクター養成講座

なりたい自分になる

オンラインストア

作戦会議

MIZUNO ZONE LAB

サカイク掲載記事まとめ

★ facebook ★
★ Twitter ★