転んで立ち上がった経験が自信になる。

スクリーンショット 2015-11-17 22.16.29

 

「これでもか!というくらい、
 準備をしっかりすれば自信は高まると思います」

僕ら大人も子どもたち選手も
試合や本番に向けてしっかりと準備や練習を積み重ねれば、
自然と力も自信も高まるということを肌感覚で知っています。

ですので、試合で結果が伴わないと、

「練習が足りなかった」
「もっと努力すれば良かった」

という言葉が
多くの選手の口から出てくるのかもしれません。

けれど、
ここで気をつけたいのが、
完璧な準備をしたのにも関わらず、
結果がついて来なかったとき
の心の持ち方。

準備が完璧であれば完璧であるほど、
「試合で最高のプレーをしたい!」と望むようになります。

 

けれど、
どんなスポーツも思い通りに進めることは難しく、
完璧な準備が必ず良い結果につながるという
保証はありません。

 

そして、
気をつけたいことが
完璧な準備で臨んだにも関わらず、
ひどい結果に終わってしまったとき。

 

うまくいかなかった試合の後、悔いが残るあまりに、

  • 「優勝なんてずっとムリ」
  • 「僕は負け犬だ」
  • 「優勝する器にない選手」

なんて、
自分の人格まで攻撃してしまうと、
せっかく培った自信もすぐに消え去ってしまいます。

 


自分は大丈夫という自己肯定感は、どこから生まれるのだろうか。
振り返ってみると、意外にも勝利そのものは自信にならない。
むしろ勝負どころで頼れるのは、
「あのとき転んだけどまた立ち上がったじゃないか」
という気持ち。

「あのとき俺は勝ったじゃないか」というよりも、
「あのとき自分は逃げなかったじゃないか」
というほうが、明らかに自信につながる。
自分の「立ち上がり際」が自信になる。
ー為末大(元陸上選手)
 

 

いままで、
練習を積み重ねてきて自信を高めてきたのに、
試合に負けたことで自信がなくなってしまうのでは、
ちょっと寂しいですよね。

本物の自信は
過去の成績や結果から来るものではなく、
困難な状況や場面に立ち向かい、
何度転んでも起き上がってきた経験から

生まれるのかもしれません。

僕らは人間なので、
自信にも波があります。

海の波の高さが毎日違うように、
結果に一喜一憂することをはじめると、
自信にもおおきなうねりが生まれます。

けれど、
成長に目を向けると、
一気に大きな波は起きないけれど、
徐々に平均値を高めていくことができます。

子どもたちの成長に目を向けて、
自信を高める後押しをしましょう。

 
 
 
もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
5shitsumon

  • (お客様の声/代理投稿)
    私は、一流のプロというのは、結果が良くても悪くても、最後まで仕事をし続けることができる人のことをいうのだと信じています。当然、結果が出ないと、人は他人の評価を受けて判断され、自分を信じれなくなる時もあります。 それでも、自分の信じた道を突き進めれば、自ずと結果は出ると信じています。