「対立」や「衝突」はチームが1つになる要素。

スクリーンショット 2015-10-30 20.32.47

チームはほんの少しのことで乱れていきます。
それは子どもたちのチームも僕ら大人の会社でもそう。

けれど、
ほんのちょっとしたきかっけでまとまることもありますよね。

対立と和解。
乱れとまとまり。

これをくり返していくことで、
少しずつ団結力や一体感が育まれていきます。

大切なことは、
表面的な仲良しごっこで終わらせないこと。

しっかりと、
自分の考えを伝えあい、
時には真正面から衝突することも、
お互いをわかりあうことには必要かもしれません。

けれど、対立は怖いもの。
誰だって人から嫌われたくないですし、
どう思われているかを気にするものです。

僕ら大人もついつい子どもたち選手のケンカや言い争いに対して、
「しずめよう」「抑えよう」というエネルギーで関わってしまいます。

けれど、
チームとして団結するためにも、
子どもたちがより成長するためにも、
そうしたぶつかり合いこそが大切な要素。

表面的に争いをさけて、当たりさわりなく付き合っていても、
仲が良いふりをしながらストレスを抱えてしまい、
本当の意味で、お互いを理解し合うことはできません。

 
 
 

意見と意見がぶつかり合い、火花が散ることも珍しくありません。
お互いが言いたいことを言うことが大切です。
トヨタは実際にそうしています。

議論をしているうちに問題意識が次第に共有され、
部署ごとの垣根を越えてチームとしてベストの選択をすることができるのです。
ー渡辺捷昭(トヨタ自動車社長)

 
 
 

表面的には悪いことに見えたとしても、
その結果、地盤がしっかりしていい状態になります。
これを昔の人たちは「雨降って地固まる」と言いました。

対立や衝突、
ケンカやぶつかりあいという雨が降ることで、
お互いを良く知り、チームの地盤が固まります。

対立や衝突を恐れるのではなく、
力に変えましょう。

.
.
.

もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。