選手とたくさんの「一番」にふれよう。

5172799896_d9e5fdeb9c_b

「地域で一番のキャプテンになりたい」
「日本で一番の選手になりたい」
「世界で一番のチームになりたい」

子どもたち選手と目標が決まったら、
一番に実際に触れる機会をつくりましょう。

一流の選手の練習を見に行く。
一流人気のお店でご飯を食べる。
いちばん人が集まる場所に行く。
一流の美術に触れる。
一流の水を飲む。
一番を決める試合を見に行く。
一流の人に触れる。
一流の土地に行く。

一流と呼ばれたり、
一番になるには理由があります。
それは、おなじ業界でもそうでなくても。

 
 
 

一流の人が集まる場所に身を置いたり、
常に一流の空気、あるいは波動に触れるようにしていると、
自分もだんだん一流になる。
ー 須藤元気

 
 
 

女子バレーボール日本代表の
眞鍋監督も「世界一」になるために、
ルーブル美術館で一流の絵画に触れたり、
一番のワインを協会に頼んだりと、
ありとあらゆる世界一に触れる機会を
つくっているそうです。

一番や一流になるには理由があります。

そこに触れることで、
自然とやる気を高めることもできます。

「どんな一番を感じよう?」

子どもたち選手と
一番、一流に触れる機会をつくりましょう。

 
 
 
 
 
もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。