子どもと「応援されるチカラ」を学びます。


小学生からのメンタルトレーニング
今日はひとりスターバックスで
抹茶ティーラテを飲みながら考えたアイディアを
みなさんと共有したいと思います。
考えたというよりも
思いついたという表現の方が
近いかもしれませんね。
いままでは、
ひらめいたアイディアを形にして、
試して、みなさんにお伝えしていたのですが、
一緒につくる
が最近のテーマなんです。
ひとりで考えるよりも
ほんとーに良い物に変わるんですよね。

チームの応援される名刺を創りたい


どんなきっかけで
思いついたかというと、
小山薫堂さんの「幸せの仕事術」を読んでいてです。
とても共感する部分がたくさんあり、
たくさんのアイディアが湧いて来ました。
その中で、
小山さんが金谷ホテル
従業員の意識改革
行うために名刺をつくった体験が
のっています。
これがすごく面白いんです。
スタッフ自身が働いている場所への愛がなければ、
会社はよくならない。
そこで、まずは自分達が働いている職場が
どんなにすばらしい場所かを再発見するために、
掃除係も含めたすべての従業員一人一人に
名刺をつくることをはじめたそうです。
名刺をつくることで
スタッフの一員なんだという実感が生まれると同時に、
責任感が強まり、個人の意識も変わったそうです。
そして、
その名刺にはもうひとつの仕掛けが。
それは、
裏面に「自分の好きな場所」が
印刷されているですね。
プリントされた写真を見る度に、
「こんな良いところで働いているんだ」と、
胸を張って人に渡せる。
そこで、
さっそくこれを応用できないかな
と考えました。
そう、子ども達の名刺を
つくれないかと(笑)
そこで、
どんな内容が書いてあったら、
 思わず応援したくなるだろう?

と、ひとりで考えてみました。
想像してニヤニヤしていましたからね。
まわりのお客さんからすれば、
怪しい人に見えたはずです(笑)
僕が子どもと名刺をつくることで
達成したい想いは次の4つ。
 1. チームに誇りをもつ
 2. 目標を宣言することで、責任感が強まる
 3. コミュニケーションが増える
 4. 応援してもらう人になる
どんな人だと応援したくなるだろう?

・最高の笑顔の顔写真が載っている
・チームの目標、ビジョンが書いてある
・子どものNo.1宣言が書いてある
 (シュート数No1、声出しNo1など)
・応援してね!の文字
・チーム全員分揃えると・・・

 

反対に、「ふーん」で終わる名刺はどんなものだろう?


・ポジションの紹介
・住所や電話番号

 


そして、
子ども達に「どんなときに幸せを感じますか?
という質問に答えてもらい、
その写真を撮影してきてもらい、
その写真を裏面に印刷する。
そうすることで、
自分の名刺をみて、
いつも幸せを体験できるし、
もらった人も、
この子は、こういうときに幸せを感じるんだ」
と知る
ことができる。
応援してもらえる人になるって、
大人になっても
とても大切だと思うんです。
応援してもらうには、
人を応援することの
尊さを知る必要がありますし、
人から応援したい!と思われる
自分になる必要がありますもんね。
どうでしょう?
わくわくしてきました。
そして、
こうして子ども達がそれぞれに
考えること
自体が、
ものすごく価値になると思うんですよね。
心を強くする方法って
スポーツ心理学にのっとったテクニックを
使えば、ある程度効果が出ます。
でも、
僕はこうして子ども達と一緒に考える事が、
遠回りでも凄く大切だと感じていますし、
好きなんですよね。
カタチになったら
またお伝えさせて頂きますね。
一緒に創りたい!
うちでもやってみたい!
という方の声もお待ちしていますよ(笑)
こちらまでメッセージください。(笑)
info@shimt.jp