「ケガ」や「メンバー落選」から未来の種を探そう。

DSC_2994

子どもたち選手は
ケガをすることもあれば、
メンバーから外れてしまい、
試合に出場できないこともこともあります。

ケガをしたり試合に出れないと、
「ケガしなければ…」であるとか、
「なんで外されなければいけないの…」
と自信をなくし、その後も引きずってしまったり、
メンバーに選んでくれなかった監督に
負のエネルギーをぶつけてしまいがちです。

もちろん、
試合に出場できないことを
子どもたち選手が納得のいく言葉や方法で
伝えることもとても重要です。

それと同時に大切なことは、
子どもたち選手自身がケガや選考から外れたといったことに
一喜一憂せず「未来の自分にどう活かすか」を考えることが重要です。
 
 


(マンチェスターユナイテッド移籍後、
 1年目にして2ヶ月ケガで離脱した際に)
新たな環境の1年目でケガをすることは
難しい部分がありましたけど、
それは自分に与えられた試練。
ここを乗り越えて、また成長できると感じている。
ー香川真司(日本代表サッカー選手)

 
 
「このケガには、どんなメッセージがあるのだろう?」
「今回、メンバーから外されたのにはどんな意味があるんだろう?」

そう問いかけてみると成長の伸びしろが見つかり、
自然と前向きな思考が育まれます。

そして、それと同時に大切にしたい考えは、
すべてはうまくいっている。( スティーブン・R・コビー)ということ。

ケガをしたとしてもメンバーから外されたとしても
それは、その選手なりに成長するために必要な試練。

すべてはうまくいっていて、
最終的には自分らしい未来が訪れるはずです。

「どうして自分ばかり…」と自分を責めるのをやめて、
「この機会をどう活かそう?」と未来の力に変えましょう。

いま、うまくいっていないことから
理想の未来に近づく種を見つけましょう。

 
 
 
もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
5shitsumon

  • (お客様の声/代理投稿)
    うちの子にタイムリーな話題です。
    シルバーウィークに他チームとのトレーニングマッチやトレセンなど控えている時期に足首を捻挫しました。
    幸い軽くで済んでいますが、、、
    でも2週間程度は無理をさせず、課題である考えるサッカーを少しでも克服するために一緒にビデオを観たり将棋をしたりしてます。

    けがをする前より上手くなってチームに戻ろうって話しています。
    このメールを拝見してさらにこの思いが強くなりました。

  • (お客様の声/代理投稿)
    うちの息子、ケガ多いんです。
    去年8月に、試合中にひじのあ脱臼して剥離骨折。その3週間後に、手の小指を2ヶ所骨折(笑)そして年末に、キーパーしてて、PK止めたけど手首骨折。
    今だから笑い話ですが、息子のモチベーションすごい下がりました(笑)
    今みんなが、どんな風にサッカーやってるのか、観てみようって、練習や試合を観に行ったけど、出来ないイライラから、ろくにみないですぐ帰りたがりました。
    今はシーバーになり、様子をみながらコーチにお任せしています。
    痛みがない時は試合にも出ましたが、今が頑張りどころです。
    「今サッカーできないのと、無理してやって一生サッカー出来なくなるのは、どっちがいい?」となだめ、ストレッチや、マッサージしてケアしています。
    「ピッチの外から観てる方が、全体の動きよくわかるよね?自分がいつものポジションに入った時どう動くか、勉強しよう。それと強いチームと試合する時ほどみんな一生懸命で声が出てないから、声かけてあげよう。今出来る事やろう」と励まし、少しずつ理解してきました。