目標は終わりから考えよう。

DSC_2584

子どもたち選手と目標を立てるときの基本は
「なりたい自分」をイメージしそこから遡って考えてみることです。

「日本代表のラグビー選手になりたい」

そうした夢を持つ子どもがいたら、その夢について、
もうちょっと詳しく聞いて叶えたいイメージを明確にしましょう。

「いつ頃、代表選手になりたい?」
「ポジションはどこがいいかな?」
「どんな活躍をしているかな?」
「まわりの人はどんな言葉をかけてくれる?」
「どんな気持ちになるかな?」

「なりたい自分」のイメージの輪郭が
より際立ってきたら、いよいよ遡って考える時間です。

例えば、
「25歳の時に代表選手としてプレーしたい」
という夢であれば、

「22歳のときは何をしてる?」
「20歳の時はどうだろう?」
「18歳のときはどこでプレーしているかな?」
「15歳のときにはどんなプレーができてる?」
「今年の終わりにはどんな選手になっているかな?」

丁寧に一段、また一段と
階段を下りるように「いま」に近づくことで、
必要な要素やキーワードが浮かんできます。

 

 

代表監督に内定した2008年12月。
その直後からロンドン五輪でのメダル獲得を目標に置き、
北京五輪で5位に終わった代表チームをどうつくりなおして、
そこまで持っていくかを考え始めた。
五輪でのメダル獲得を最終目標にして、
そこから逆算する形でチームを強くするために
すべきことを考えていった。
ー眞鍋政義(日本女子バレーボール監督)

目標が明確になると、
いまやることも明確になります。

僕ら大人も、
「10年後、どんな自分になりたいだろう?」
というしつもんの答えによっては、
この時間の使い方が変わってくるはずです。

目指す山が変わると、
準備もルートも変わります。

子どもたち選手と一緒に、
「どんな自分になりたいか?」をイメージし、
遡って目標と行動を考える時間をつくりましょう。



もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51

  • (お客様の声/代理投稿)

    お世話になります。
    今回のメルマガのタイトル、「目標は終わりから」は拝見して、なるほどと思いました。

    なるほど!と思いましたのは、現在ラグビースクールで
    ラグビーを習っている小学二年生の長男についてです。

    長男の夢は、将来ラグビー選手になること。
    高校では磐城高校ラグビー部で、大学は明治大学ラグビー部で
    プレイをすることを夢を見てます。
    更には、日本代表に選ばれてオールブラックスを倒す、ことが
    目標のようです。

    震災以降、 被災三県のスクール、特に福島県いわき市のスク
    ールは、ありがたいことに、各方面から多大なご支援をいただきました。

    明治大学ラグビー部には国立競技場の最後の早明戦や
    明大ラグビー部のファン感謝イベントの北島ラグビー祭に
    招待いただきました。
    東芝所属で現在日本代表の大野均選手が福島県出身ということもあり、
    大野選手はじめ東芝の選手が、毎年福島に来て中高生と練習したり、
    小学生と一緒に写真を撮ったり、サインを書いていただいたりしました。
    また、トップリーグや日本代表戦の試合観戦に招待されたりと、
    所謂一流と言われる選手達と触れ合う機会が多く、長男の持つ夢が
    雲を掴むような話ではなく、現実として見える部分もある夢なんだ
    と思います。また、このような夢、早稲田でスクラムハーフをやるとか、
    トップリーグのチームに入って、足に自信があるからトライ王になるとか、
    長男だけでなく多くのスクール生も持っているという話も聞きます。

    私は、長男の夢を聞いて、「じゃあ、ラグビーと勉強を
    もっと頑張んなきゃな。」としか言っていませんでした。
    今後コーチとして、長男ばかりでなく、他のスクール生にも
    逆算して話をしてみることやってみて、少しでも子供達の夢に
    近づけるように協力していきたいと思います。

  • (お客様の声/代理投稿)
    そうですね。
    「大きくなったら、何になりたい?」幼い頃から、聞かれたりしましたが、そのために、どうしたい?とか具体的に聞かれた事ないですね。
    高校3年で、進路を考え始めてから、具体的に方法を探して決めた気がします。
    誰も教えてもくれなかったし(息子みたいにサッカー選手なんて大きな夢では、なかったけど)
    そのために、どうすればいいのか、それになれたら次どうしたいのか、夢を膨らませたり、縮ませたり、色んな角度から話してくれるって、大事ですね?