「練習しなきゃ」ではなく、「 練習したい」環境をつくろう。

0005

「やりたいことがたくさんあるんじゃない?」

僕に話しかけてくれていると気づくには
ちょっと時間がかかったのですが、
千葉へ向かう電車の腰掛けた席の
隣に座ったおばあちゃんから
そんな声が聞こえてきました。

「なんでも、やってみるといいわよ。
 年を取ると、なにしようかなーと探しちゃうから。
 やりたいことをやった方がいいわよ。」

3分ほどしか
おばあちゃんとはお話できなかったのですが、

「やりたいことをやりなさい」

なぜ、そう感じて、
その言葉をかけてくれたのかはわかりませんが、
とても僕の心に残りました。

子どもたち選手と関わるときにも
大切にしていることがあります。

それは、
子どもたち選手本人が
「やりたい」と思っているかどうか。

「いい選手になるためにもっと練習しなきゃ」

そうした気持ちももちろん大切かもしれません、

選手自身が、

「もっと練習したい」
「もっとうまくなりたい」

と、思っていることが
やる気や成長を高める上でもとても大切です。

もし今日が
自分の人生最後の日だとしたら、
今日やる予定を私は本当にやりたいだろうか?
ー スティーブ・ジョブズ

努力しなきゃ、ではなく、努力したい。
練習しなきゃ、ではなく、練習したい。
頑張らなきゃ、ではなく、頑張りたい。
やらなきゃ、ではなく、やりたい。

そんな気持ちを持つことができると、
子どもたちの成長はどんどん加速しますし、
僕らが「やりなさい」と言わなくても
自ら進んで行動しはじめます。

僕ら大人ができることは、
「やらせる」ことではなく、
「やりたくなる環境」をつくること

子どもたち選手を管理するのではなく、
自由に飛び回れ、
考えや行動を解放できる環境をつくること。

そして、
やりたいと思っている選手の
不安を取り除き、背中を押してあげること。

「どんな環境だと、
 もっと練習したいと思えるだろう?」

自分の心に正直に「やりたい」を引き出す、
環境をつくりましょう。



もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51