コミュニケーションの土台は呼吸を合わせること。

0202

子どもたち選手の心を開き、
信頼関係を築き、
考えや思いを引き出すのであれば、
呼吸を合わせることが大切です。

 

例えば、言葉のテンポ

指示や問いかけにも、
ゆったりと自分の頭の中を紐解いて話してくれる選手が
いたとしましょう。

せっかちな僕らの心は
「早く答えて」と心の中で叫んでしまうかもしれません。

けれど、
彼が心地よく会話をするためには、
僕らが彼らのペースに合わせること。

 

恋人と歩く時に、
相手のことを考えずに、
いつも自分のペースで歩いている人と、

相手のことを考えて、
歩くペースを上げたり落としたりしてくれる人とでは、
関係性が変わってくるはずです。

 

 

人を動かすことのできる人は、
他人の気持ちになれる人である。
そのかわり、
他人の気持ちになれる人というのは自分が悩む。
自分が悩んだことのない人は、
まず人を動かすことはできない
ー本田宗一郎

 

 

試合をコントロールするためには、
相手を自分のペースに巻き込む視点も必要です。

けれど、
子どもたちと信頼関係を築くためには、
相手のペースに合わせるこ
が必要です。

 

声のトーンはどうか。

大きさはどうだろう。

姿勢はどうか。

目の高さはどうだろう。

どんな言葉を使うのか。

テンポはどうか。

話す速さはどうだろう。

リズムはどうか。

表情はどうだろう。

 

僕ら大人も、子どもたち選手も、
「この人は信頼できる」という人には
本当の思いを伝えますよね。

選手と呼吸を合わせ、
より質の高いコミュニケーションを育みましょう。

 

”しつもん”で子どものやる気を引き出しませんか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む

5shitsumon
  • (お客様の声/代理投稿)
    選手に大切なことを伝えるとき、
    ゆっくりと、
    ていねいに、
    声にも変化をつけて、
    しゃべる習慣がつきました。

    すると、ひとつひとつの言葉を大切にしている
    自分に気づきます。

  • (お客様の声/代理投稿)
    コミュニケーションをたくさん取ることが大切だ!といつもいつも職場で言っていますが、一方的に、自分のテンポ、スピードで自分よがりのコミュニケーションではダメですね…

    相手のペースに合わせる。
    信頼関係を深めるには、相手のことを考えてペースを合わせる。

    私は、どちらかと言うと、話すスピードが速いので、意識してゆっくりを心掛けていますが、次の段階は、スピードだけでなくペースも相手に合わせる事もプラスしていこうと思います!

    直ぐにはできないと思いますが、コミュニケーションの土台は、呼吸を合わせることと知ることで、今までとは違ったコミュニケーションがとれるのではと思います!

    焦らず、一歩一歩がんばろうと思います!(^^)!

  • (お客様の声/代理投稿)
    そうですね。
    波長が合うから、友達になれたりしますもんね。
    同じチームで普段やっていても、休憩には、いくつかのグループに別れて遊んでる息子。
    人数少ないチームなので、一緒に試合に出るのに、みんなで遊べばいいのにって思う事があります(笑)
    うちのコーチ陣は、子供たちの目線で、教えて下さるので、とてもわかりやすいようですが、子供同士で呼吸を合わせる事が、出来たらきっと素晴らしいチームになるんだろうなぁって思っています