がむしゃらに情熱を注いでいますか?

こどもを伸ばす【質問】の授業。

がむしゃらに本気で生きる

がむしゃらに本気で
むきあっていることは
どんなことがあるだろう?
人の目や
他人の言葉ではなく、
自分の心の声に深く向き合って、
行動していることは
どんなことがあるだろう?
人の心を動かすもの。
それは情熱
上手い下手。
そんなものは関係ない。
情熱を持って
本気で取り組むこと
大切にしたい。
我武者羅応援団の演舞を拝見しました。
僕はこれで4回目。
彼らの本気の叫び、
本気の応援を見るたびに、
自分にはもっとできることがあるはずだ。
という想いにさせてくれます。
いくつになっても情熱を傾けられることが才能
-羽生善治(将棋棋師)
子ども達が成長するエネルギー。
そこにも情熱が関係しています。
サッカーが好き。
もっと上手くなりたい。
その情熱の炎を
さらに深く、高く燃えさせることができたら、
子ども達はさらにその子らしく
輝くことができるはずです。
頭で考えるだけではなく、
一心不乱にがむしゃらに向き合う時間も
大切にしましょう。
>>> 情熱をどこに注ぎますか?

※我武者羅應援団のHPはこちら。

にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
▽▼
facebookやtwitterの投稿はこちらから▽▼