「すぐってどれくらい?」選手と言葉のイメージをつなげよう。

DSC_5227

「すぐ戻れ!」
「ちょっと大変」
「たくさん点を取ろう」

伝えた人にとっては当たり前
イメージできている言葉も、
子どもたち選手とは
認識のズレがあるかもしれません。

たとえば、

「ボールを奪われたら、すぐ戻れ!」
という表現も、
どれくらいの時間を指しているのか、
人によって受け取り方はさまざまです。

1秒後?
3秒後?
それとも、
5秒くらいかかってもいいのか。

日常生活で考えてみると、
電話などでよく口にする
「ちょっとお待ちいただけますか?」という表現も

「ちょっとって、いつまでかかるんだ」
「ちょっとだと思っていたのに」

というように、
相手によってはイライラの原因になる場合もあるでしょう。

言葉が持つイメージの
共通理解をお互いが取れていれば、
コミュニケーションのすれ違いをなくし、
円滑にすることができます。

理解できない人のことを
愚か者とみなしてしまうことが、
人間にはよくある。
-カール・グスタフ・ユング

ボールを奪われたら
0.5秒以内には切り替えよう。

そう言われると、
具体的な行動を
イメージすることができます。

また、
「すぐ」という言葉の共通認識も
選手と作り上げることができます。

「ちょっとお待ちいただけますか?」

ではなく、

「3分ほどお待ちいただけますか?」

と伝えることで、
相手にも心の余裕が
できるかもしれません。

具体的な数字を伝えると、
自分の考えるイメージと、
子どもたち選手のイメージを
つなげることができます。

時間や数を伝えるときは、
数字を入れて、
より具体的に伝えましょう。



もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51

  • (お客様の声/代理投稿)
    サッカーに限ったことではなく、子供と接する上でとても大切なことだと思い、とても勉強になりました。

    数字で伝えること。実行して行きます!