愛があればテクニックは生み出せる

芝生で遊ぶ母と子

心理学では、
目の前にいる人や子どもたち選手との
人間関係を育む方法を教えてくれます。

・人の話は最後まで聞ききろう
・あいずちを打とう
・相手の仕草の真似をするといいよ
・まずはこちらが心を開こう

テクニックや方法は
僕らの背中を押し、勇気をくれます。

けれど、
テクニックも大切ですが、
もっと大切なことがあります。

それは、
目の前の人に興味を持って関わること。

相手をジャッジしたり、
評価したり、
責めたりするのではなく、
興味や関心をもって関わり、
あなたの全てを受け止めますよ、
という姿勢が相手に伝わります。

相手の話を笑顔で聞く、
というテクニックも大切ですが、

「目の前の人を幸せにするために
 何ができるだろう?」

という問いかけを自分に持ち、
相手を思っている人の笑顔とでは、

おなじ笑顔なのに、
言葉にできない大きな違いが生まれます。

隣人を自分自身と同じように
愛するのもいいだろう。
だが、何よりもまず
自分自身を愛する者となれ。
ーニーチェ

目の前の人に愛を持つ。

すると、
テクニックは生み出すことが
できます。

小学1年生の子どもたちでさえ、

「どうしたら
 気分良くお話しできる?」

「お話しを聞いてもらうとき、
 どうしてほしい?」

そう問いかけると、

・聞いてるよってわかるようにしてほしい
・体を向けてほしい
・笑顔で聞いてほしい
・うんうん、って言ってほしい

といように、
読んだことのない
心理学のテキストにのっている
多くのことを教えてくれます。

では、
目の前の人に興味をもって
関わるにはどうしたらいいんでしょう。

それは、
自分を満たすこと。

自分のことを愛し、
自分の心のグラスを満たすことで、
より純粋に、
よりピュアに、
目の前の人に
関わることができます。

「目の前の人を
 幸せにするために何ができるだろう?」

そのために、
自分自身の心のグラスを満たし、
自分を愛する、をはじめましょう。



もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51

  • (お客様の声/代理投稿)
    自分を満たすこと。
    とても共感します。

    日々の忙しさのあまり、
    満たされていない自分に気づかず
    無理な指導をしてしまうことがあります。

    そんなときはやはりうまくいきません。