「行かせたいところ」ではなく、子どもの「行きたいところ」をサポートしよう

IMG_9339

保護者の方やコーチの方から
たくさんのご相談を頂きます。

「もっとやる気を出してほしい」

「真剣に練習に取り組んでほしい」

「目標を実現してほしい」

子どもたちには
すばらしい可能性がありますし、

特に我が子、
我が選手となれば
期待も大きくなりますよね。

適切な期待をかけてあげることで、
選手が伸びることもありますから、
これももちろん大切です。

けれど、
もっと大切なことは、
本人の気持ちです。

ある家族と
関わらせて頂いたときのこと。

「プロサッカー選手になりたい」

お父さんが
叶えられなかった夢を子どもに託し、
期待と思いをたくさん届けてきました
 
 
本人も両親の期待にこたえ、
地域の選抜選手に選ばれるなど、
その地域では有名な選手へと成長していきました。

けれど、
ある時を境に、

「もうサッカーしたくない」

「学校へも行きたくない」

と、口にし始めたのです。

いままで、
お父さんとお母さんの
期待にこたえ続けてきたけれど、
ふっとその糸が切れてしまったのです。

 
 

本人に闘おうという意志がなければ、
どんなに医者が助けようとしても、助けられない。
医者ができるのは、
立ち上がろうとしている患者に
手を差し伸べることだけだ。
ー永井明(医龍著者)

 
 

 
僕ら大人の期待を
しっかりと届けることも大切ですが、
より大切なことは、本人の意思

子どもたち選手本人が
「どうしたいか?」がとても大切です。

この気持ちを尊重せずに
僕らの期待だけを伝えても、

それはプレッシャーに変わり、
本人もやらされたっぷり。
そして、いつしかその糸は切れてしまいます。

僕ら大人の役割は、
子どもたち選手がなりたい自分になれるように
サポートをする
こと。

僕ら大人が
「行かせたいところ」ではなく、

子どもたち本人が
「行きたいところ」であることが
とても大切です。

子どもたち選手と一緒に
行きたいところである夢や目標を改めて伝え合い、
お互いをサポートし合う関係性を築きましょう。

 
 
 
もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
5shitsumon

  • (お客様の声/代理投稿)
    親のレールに、子供を乗せないですね?それは、その通りだと思います。
    蛙の子は蛙…自分だって、子供の頃は好きな事はやりたいけど、させられる事は続かなかったですし(笑)
    話としては「サッカー選手は、サッカーだけしてたらいいんじゃなくて健康管理もしなきゃいけない。例えば歯磨きだってそう。虫歯痛くて歯を食いしばれなかったら、思い切りキック出来ないし」とか、さっさと終わってしまう歯磨きも、サッカー選手になるために、必要だと思えばしっかりできます(笑)
    あと、コーチに「足技の技術は、フットサルしてみては?」とアドバイスもらいましたが、息子は嫌がってました。
    でも、もっとうまくなりたい。色んな技術を身に付けたいと、言い出し今月からフットサルに通い始めました。
    行けるとこまで行かせてあげたい。
    彼が頑張っていけば、とんびがタカを生む事だってありますもんね?