やらなきゃ じゃなくて、やりたいを目指そう

6154529635_191a4c1b83_b

ついつい
僕らは「やらなきゃ」と、
理由をつけて行動をしてしまいがち。

朝早くおきなきゃ、
勉強しなきゃ、
ダイエットしなきゃ、
部屋の掃除しなきゃ、
洗濯しなきゃ、
ご飯つくらなきゃ。

けれど、
「しなきゃ」で考えると
やる気を長続きさせることが
難しく
なってしまいます。

子どもたち選手もそう。

練習しなきゃ、
走らなきゃ、
体幹トレーニングしなきゃと考えると、
なかなかやる気を継続することができません。

けれど、その気持ちを
練習したい、
走りたい、
体幹トレーニングしたい、
に変えることができたら
やる気も行動も長続きすることができます。

そのために大切なこと。

それは、
最高にうまくいっているイメージ
想像すること。

おいしい食事を囲んで、
家族みんなが喜んでいる姿を
イメージすると、
料理を作りたくなるものですし、

ふかふかのお布団で
気持ちよく寝る姿をイメージすると、
朝いちばんに洗濯して、
布団に太陽の光をたくさん取り込んで
あげたくなります。

今日が人生最後の日だったら、
今日やろうとしていることをやりたいか?
ー スティーブジョブズ

僕ら大人も、
日常生活やお仕事の中で、
「やらなきゃ」を
選択しなければいけないことは
たくさんあります。

けれど、まずは
「やらなきゃ」と「やりたい」を整理し、
「やりたい」の比重を高めていくことが大切。

そのためには、
5年後や10年後に
最高にうまくいっている
自分をイメージする。

その上で、
今日の活動や行動は
理想の未来に近づいていると
感じる事ができれば、

「やらなきゃ」も
「やりたい」に変わりますよね。

「10年後はバルセロナで
 1試合1点とるストライカーになりたい」

そうした未来のイメージを持っている
選手は僕らが何を言わなくても
理想の未来に近づく行動をします。

練習しなきゃではなく、
練習したくなる未来をイメージさせて
あげましょう。



もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51

  • (お客様の声/代理投稿)
    小学1年生を担当して3ヵ月経ちますが他のチームと練習試合を経験して圧倒的に負けると今の練習内容で良いのか悩みました。
    指導者が焦ってしまっていたのですね…
    今回のアドバイスで初心にかえることに気づかされました!
    子供達がやりたいと思えるように導きたいと強く思いました。
    ありがとうございます!

  • (お客様の声/代理投稿)
    大人も同じですね。

    どうしたい。どうなりたい。

    だから、こうしようですね。

  • (お客様の声/代理投稿)
    まさに、そう思います。
    でも、伝わらない(笑)…また、そこですよ。
    コーチ陣も強制みたいには、したくないあくまでも選手が自主的にアクションして欲しいと、いつも話してますが、不得意な事は、なかば義務感でやりますよね。シュート練習は、ほっといてもいつまでもやってますが、リフティングになると5分もしてない(笑)
    やりたいを見つける。
    伝わればと思って、今日は、メールをそのまま読んで聞かせてみました。
    息子に響いてたらいいなぁ…