力を発揮するために力を抜く場所を作ろう

IMG_9173

ぱんぱんに膨らんだ風船は針に触れただけで
「こんな簡単に!?」と、びっくりするほど、
すぐに割れてしまいますよね。

風船を割らないためには、
ある程度の余裕や、
車の運転でいう「遊び」が大切です。

僕ら大人も
「癒し」や「1人の時間」を
欲しくなるように、

子どもたち選手も
心と体をゆるめる
リラックスできる時間と空間
が必要です。

けれど、
僕らはついつい、
選手の見た目だけで判断し、
子どもたちのエネルギーを奪う
言葉掛けや関わりをしてしまいがち。

「練習はしたのか?」
「宿題やったの?」
「ゴロゴロしてないでしっかりしろ!」

もちろん、
メリハリなくいつまでも
力を抜いていては問題があります。

けれど、
いつも気を張ったままで、
リラックスする空間がなければ、
子どもたちのやる気も下がり
情熱も消え、ストレスを溜め込み、

いつしか「何もしたくない」と
意欲をなくしてしまいます。

家の中での空間が
どれくらい気持ち良いかというのは、
グラウンドに反映されるんです。
ーイチロー(メジャーリーガー)

膝を伸ばしきり、緊張させたままでは
大きくジャンプをすることができません。

大きくジャンプするためには、
膝をまげ、しゃがみこみ、
エネルギーを溜める必要があります。

それと同じように、
試合や練習で力を発揮するためには、

同じくらいリラックスし、
体と心をゆるめる時間と空間が必要です。

グラウンドで力を発揮するために、
心地よい環境をつくりましょう。

心も体もゆるめ、
解放できる空間をつくりましょう。



もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51