「あのとき逃げなかったじゃないか」で自信を育てよう

DSC_0089

「これでもか!というくらい、
 準備をしっかりすれば
 自信は高まると思います」

僕ら大人も、
子どもたち選手も

試合や本番に向けて、
しっかりと準備や練習を積み重ねれば、
自然と力も自信も高まるということを
肌感覚で知っています。

ですので、

試合で結果が伴わないと、
「練習が足りなかった」
「もっと努力すれば良かった」

という言葉が
多くの選手の口から
出てくるのかもしれません。

けれど、
ここで気をつけたいのが、
完璧な準備をしたのにも関わらず、
結果がついて来なかったときの心の持ち方。

準備が完璧であれば完璧であるほど、
「試合で最高のプレーをしたい!」
と望むようになります。

けれど、
どんなスポーツも思い通りに進めることは難しく、
完璧な準備が必ず良い結果につながるという保証はありません。

そして、
一番気をつけたいのが

完璧な準備で臨んだにも関わらず、
ひどい結果に終わってしまったときのこと。

うまくいかなかった試合の後、
後悔するあまりに、

「優勝なんてずっとムリ」
「僕は負け犬だ」
「優勝する器にない選手」

なんて、
自分の人格まで攻撃してしまうと
せっかく培った自信も
すぐに消え去ってしまいます。

自分は大丈夫という自己肯定感は、
どこから生まれるのだろうか。
振り返ってみると、
意外にも勝利そのものは自信にならない。

むしろ勝負どころで頼れるのは、
「あのとき転んだけど
 また立ち上がったじゃないか」
という気持ち。

「あのとき俺は勝ったじゃないか」

というよりも、

「あのとき自分は
 逃げなかったじゃないか」

というほうが、
明らかに自信につながる。

自分の「立ち上がり際」が自信になる。
ー為末大(元陸上選手)

いままで、
練習を積み重ねてきて、
自信を高めてきたのに、

試合に負けただけで
自信がなくなってしまうのでは、
ちょっと寂しいですよね。

本物の自信は、
過去の成績や結果から来るものではなく、

困難な状況や場面に立ち向かい、
何度転んでも起き上がってきた経験かもしれません。

僕らは人間なので、
自信があるときもあれば、
ないときもあります。

波の高さが毎日違うように、
結果に一喜一憂することをはじめると、
自信にもおおきなうねりが生まれます。

けれど、
成長に目を向けると、
一気に大きな波は起きないけれど、
徐々に平均値を高めていくことができます。

子どもたちの成長に目を向けて、
自信を高める後押しをしましょう。



もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51

  • (お客様の声/代理投稿)
    今日も良いお話をありがとうございます。

    私も中学生時代の野球部のきつい練習、あれをやり通せたんだから多少のことは、
    と思うときがあります。子どもたちにも辛かったり、転んだときの経験を糧にできるよう
    アドバイスしていけたらと思いました。

  • (お客様の声/代理投稿)
    あの時逃げなかったじゃないか…
    それは、よく話します。
    息子、小さい頃から物覚えよく、3才から、ひらがなや数字読めたり、車の車種とかもすごい覚えて、保育所に通ってたんですけど、ピアニカや竹馬、剣玉なんかを、苦労せずこなしていました。
    ただ、1つだけ苦労したのが、逆上がりでした。
    年長の4月から練習始めて、10月の運動会までにって、目標に学年全体で取り組みました。9月になっても、息子は出来ず運動会当日は、前回りの披露になるかもって、先生にも言われました。
    でも運動会の3日前にようやく出来るようになりました。
    それを、つまづいた時には話しています。
    本人の記憶は薄れてきていますが、諦めず、逃げずにやってきたから、今に繋がってるって、いつもどこかで感じてほしいと思っています

  • (お客様の声/代理投稿)
    フェードバックとは現在地を知ること。
    身近な言葉は、
    発想を広げてくれます。

    現在地を知れば、
    次へのスッテップが見えてきます。