「決めたことできた?」選手と計画と振り返りの時間を作ろう。

DSC_5227

スポーツは結果を競うもの。
試合が終われば、
勝者と敗者が決まりますし、
得点を決めたのか、
奪われたのかもわかります。

もちろん結果も大切です。

けれど、

自分で決めたことが
できたのかどうか?

という視点も
とても大切です。

いつまでに、
どんな選手になりたくて、

この試合では、
どんなゲームプランを
立てていたのか。

勝った負けただけでなく、
自分の理想とするゲームプランを
達成できたのかどうかを
評価の基準にすることが大切です。


計画とは未来に関する
現在の決定である。
ピーター・F・ドラッカー

自分でつくったゲームプランを
試合で行動に移してみる。

そして、
その結果をノートに
記入してみる。

プラン通りに実行できたのか?

それともできなかったのか?

思い通りできなかったのには
どんな原因があるのか?

どうすれば良かったのか?

漠然と試合にのぞめば、
漠然とした成長しか待っていません。

けれど、
1つ1つの試合に
しっかりと向き合うことによって、
理想の選手に着実に近づくことができます。

子どもたち選手と一緒に、
計画をたて、振り返る習慣を身につけましょう。

 
 
 
もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
5shitsumon

  • (お客様の声/代理投稿)
    大人の世界でも、計画、実行、振り返り、次の行動と行動計画などの作成に活用されていますよね。

    子供の頃から、この習慣が根付いていれば、たとえ、一流選手になれなくとも、一流の人間になれると思いました。

    ありがとうございます。