「特別な日」をやめて、試合で実力を引き出そう。

02

今日は特別な日。

そう思えば思うほど、
大きな緊張がやってきます。

「負けたらどうしよう」
「失敗したくないな」
「絶対、勝たなきゃ」

特別な日に向けてトレーニングをしてきたとしても、
当日が近づいてきたら、その「特別」を忘れることが大切。

試合前日や当日に、

「この試合負けたら終わりだぞ」
「1回戦負けなんてありえない!」

そう伝えれば伝えるほど、
選手たちに「特別感」が伝わり、
「失敗できない」と緊張感を高めてしまいます。


いつも通り。
他の試合の時と変わらないよ。
ーリオネル・メッシ

すばらしいパフォーマンスを
発揮するためには、
ほどよい緊張感が欠かせません。

けれど、
緊張しすぎると、
足が震え、呼吸が浅くなり、
本来の実力の半分も
発揮できなくなってしまう
可能性もあります。

そうした
緊張しすぎる選手の場合、

僕ら大人ができることは、
子どもたちの心のリュックに詰まっている
「不安の重り」を取り除いてあげること。

「あなたなら大丈夫」と
言葉で伝えてあげることが
必要な選手もいれば、

ゆっくりとお風呂につかって、
身体をリラックスさせてあげることが
必要な選手もいるかもしれません。

いつも通り、
練習でできていることを
試合で発揮するために、
「特別感」を取り除きましょう。



もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51

  • (お客様の声/代理投稿)
    特別感を植え付けるのも大人なら、軽減するのも大人の役目でしょうか。
    日々の練習。コミュニケーションが大切ですね。

    ありがとうございます。